「うまいことやったなあ、源の字よお」
「何を言う」
 ちら、と背後に視線だけを走らせる。
「妨げるつもりもなかったくせに」
「おいおい、俺はそこまでイヤな奴じゃねえぜ?」
「ああ…知ってる」
 剣の柄を握り直す。そして刀身を抜き放つ。
「ようく…な」

 おるいは雨庵先生の懐にまるで窮鳥の如く飛び込む。しばし、そのままだったが己の役目を思い出したらしい。おたかの汲んできた水に手ぬぐいを浸し、手伝いを始める。
「あの…先生」
「何ですかな?」
 口調は変わらず穏やかだ。
「先生は、その…何者なんですか?」
「私はただの医者ですよ。…これからも、その前も」
「そうではなくて…」
 医者なのは知っている。
「その、佐井に来られる前は…」
「たか様。そちらを押さえておいてくだされ。左様…そう、そのまま。無理に押さえずに…左様」
 視線は外さない。その姿勢に馬鈴娘も押されて、手伝いを続ける。

 …それに…。
 ふ、と思う。
 …なんでこの方たちは争うのかしら…?
 仲が悪いようにも見えないのだ、この二人を見ていると。それならそれでいいじゃないですか、なぜ刀を取るのです…? なぜ、傷つけ合おうとするのです…?

 青眼に、中段に構える源三郎。ゆっくりと両の手を刀の柄に添えている。右足を前に、左足を後ろのやや半身の…構え。身体全体から力が抜けているのが見て取れる。背中を、ぽん、と押したらそれだけで前につんのめってしまいそうなほどに。
 対して才蔵は少し前のめりの構え。まだ納刀したまま、腰のやや後ろにその直刀は収まっているのだ。こちらもやはり力は入っていない。肩先に、少しだけ力が入っているようにも見えるが…実際には入っていないだろう。こちらも、揺すれば即座に飛び立てる。
 そして。二人とも笑っている。とびきりの笑顔でもなければ声も出していない。眼光は鋭くお互いを見据え、表情は無いほどに穏やか。しかし…口元にはほんのかすかに笑みがある。それで知れる。この二人は笑っているのだ…と。

「やれやれ。とんだ連中じゃわい。よくやるのう…」
 どっこいせ、と寛月がそこらの石に腰を下ろす。
「あんなのはワシには無理じゃ。無理じゃ。刀はよう握らんわい」
「左様で? お大尽は筆を握るじゃないですか」
 と、からかうように菊花。
「筆と刀はよ似ておるが違うものじゃわい。鞘も何もないのが筆。納めるところもないわいな」
「それでもよそ様を害するのは一緒」
「無論。害するも良くするも一緒じゃ」
「あらら。お大尽も筆で人を斬るじゃありませんか」
「ワシの筆で斬れる奴なんか大した奴ではないわい」

「それでも…好きなんじゃろうなあ…そうでないとあんなこと、できんわい」

「…むう…?」
 文机から顔を上げる勘兵衛。ふと、気になって立ち上がる。何が、というわけでもない。さて? と自分でも分からなくなって苦笑しつつ…何気なく庭の琵琶の木をそっと見る。大きな葉も緑を増している。やや色味がかった実も見え隠れしている。
「もう少し、と言ったところか…」

「さて…やろうか」
「ああ。行くか…!」

 琵琶の実は、まだ、熟さない。


…第一部・完…





 星の章 六十三へ

©2005-2017 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: WindSeeds, Plantae, 信天庵

ネット小説ランキング:鋭鬼に投票
クリック↑するとネット小説ランキングのサイトへ跳びます。

「鋭鬼」Topへ TOP ページへ