TheRootSeller026『家と、旅と、』

 シポルニアスはノスクルバーグの一軒家にて。

「あーもー、うっさい! …こんな家、出てってやる!」

「…反抗期ってやつですか」
「多分ねえ…まあ、みんな通る道だから」
「はあ…」
「はい。銀貨2枚だったっけ?」
「いえ、今日は…銀貨1枚と銅貨8枚でいいです」
「あら…なんか悪いわね」
「いえ、その…材料費が安かったんで、その分お安くできたんです。気にしないでください」

「あ。こんなとこにいた」
「ドリスねえちゃんか…なんだ」
「なんだとはご挨拶だこと」

「ケンカ?」
「うん。パパって何にも分かってないんだから」
「そんなもんじゃないの?」
「ドリスねえちゃんには分かんないよ、今から勉強としけー、でないと後で苦労するぞー、父さんの若い頃はー、なんて」
「そりゃあ、分からないけど」
「ほら」
「でも勉強くらいやっといたら? 減るもんでもないんだから」
「精神が減るっつーの。机向かってたら」
「はいはい」

「あたしもルートセラーになろうかな。んで、ドリスねえちゃんみたいに行商するの」
「なるのは簡単だよ。月に銀貨1枚薬協に収めりゃいいんだから」
「…安っ」
「その代わり保証もなんもないからね、大変だぞ?」
「えー、でも楽そうでいいじゃん」
「楽、ねえ…」

「あれ、もう行っちゃうの?」
「うん。今日はこれからデイナ河の方まで行かないと」
「そっかー」

「気をつけてね」
「あいあい。早く帰ってやんなよ? 心配してるから」
「うへえ」
「うへえじゃないって」

「…心配されるだけ、マシなんだから…」

「なんか言った?」
「別に。さ、遅くならないうちに帰る、帰る!」
「えー、やだなあ…」
「家に着いたらとりあえず頭下げときゃいいって。そいで、怒られてご飯食べる」
「それだけ?」
「それでね、後は…勉強くらいしときなさい。それだけ」
「えーーー…」
「あはは。ふくれたふくれた。まーるい顔だ」
「なんだよ、それーーもーーー!」

 夕陽沈んで宵闇迫る、そこは二つの影法師。分かれて進むは、家と、旅と。


025「しとしとぴっちゃん。」ヘ

©2018/02/02 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials:信天庵


ネット小説ランキング:TheRootSeller に投票
クリック↑するとネット小説ランキングのサイトへ跳びます。


「TheRootSeller」正伝Topへ TOP ページへ