「そうかね…それはよかった」
「ホッホ。しかしあんたから手紙をもらった時はびっくりしたよ」
 マルガレーテ婆さんは静かにぶどう酒のビンを相手のグラスに傾ける。
 もう店は閉めているようだ。ここはあのかまどのある部屋。ビンが一本にグラスが二つ。

 老婆の目の前には旅装の男性が一人、座っている。
「よくこんなところまで来れたもんさね…サルート・ジロドワ卿」
 元ミヒャエルス王国特別海運査察部長官という厳めしい肩書きがついてはいるが、今は薬協ポクン支部の支部長だ。支部長、と言っても支部員はいない、小さな町の小さな薬協支部。自身がひっそりと経営している宿屋が委託を受けているだけにすぎない。
 フラニチカの先生でもある。

「卿はやめてくれ。ただのおせっかいなオヤジだよ。まあ…今でもうるさい奴はたくさんいるからな。一応偽名を使って来たさ」
 くい、とぶどう酒をあける。そうとう酒好きのようだ。
「それでも王国のなんとか、って騎士がしつこくてな…どうにかまいてきたがね」
 断っておくが、彼はミヒャエルス王国から追われているわけではない。ただ…長官の引退があまりにも突然だったので、今でも彼の豊富な知識と人脈を王国が欲しがっている、ということだ。当人はそんな世間のわずらわしさに嫌気がさしているのだが。
「もうとっくに古くなってるってのに…ワシの知っていることなんか」
「それよりもフラニチカかねえ?」

「そうだ」
「あれはいい娘さね。真面目で一生懸命で…よく見つけたもんだね」
「…ワシが見つけたわけじゃないさ」
 ふ、と笑みをこぼすついでにあちこちを見回す。この部屋が客室…銭のない若いルートセラーを泊めている部屋に続いていることを彼は知っている。
「それで? あいつは今どこに…?」
「もういないよ。…イルトンランドに行くって言ってね。つい昨日のことさね。入れ違いだねえ」
「ああ…それならそれでいいことだ。ポクンを発つ時『行きたいところがあったらビルマコッチャからどこかへ行っても構わないぞ』と言っておいたからな。…もう少し経ってから会った方が楽しみが増える。」
 ポクンを発つ時の彼女を思い出して微笑む。不安なような、期待にあふれているような…そんな正直な目だった。

「もう一杯いくかね?」
 返事を待たずにサルートのグラスにぶどう酒を注ぐ。このぶどう酒は毎年老婆が仕込んでいるものだが…知る人ぞ知るこの店の名物になっている。
 軽くグラスを上げたのはフラニチカに対してか、それとも老婆に対してか。
「…あれは…スプーヤ草かね。珍しいねえ。あんたが商品をここに置くなんて」
 調味料が満載された棚の横に、ちょこんと置いてある。
「商品じゃないさね」
「じゃあ、なんだい」
「預かり物さね。ある不器用な男がおってな。そいつが、自分が持っているとなくしてしまうかも、ってな。大事なものだから…このババに預かってくれとな」
「ほお…誰かからスプーヤ草をもらったのかね。そいつは」
「そうさ。ひたむきな想いを込めてな」
「なるほど。『ダレオモイ』か…果報者だな」
 グラスのぶどう酒を呑み干す。老婆もそれに続いて自分のグラスを空けた。
 ほう、とため息を一つ。
「…しばらくは戻ってくるのを待ち続けるかも知れんがの…そのうち相手を追って、ここから出て行ってしまうかも知れんのう…そいつも。…ホッホ」
 ビンを傾けて…しかし、グラス半分ほどで中身はなくなってしまった。ぽとぽととしたたり落ちるその赤紫のしずく。
「若いってのはいいってことさね…」
「ああ、まったくだ…」

 老婆はつと、立ち上がって新しいぶどう酒を取りに行った。
 サルートは…窓へと光をこぼしている月を見上げた。
「…半月か…」
 優しい月の光は変わらない。いつも、いつまでも変わらない。


…「TheRootSeller 外伝 1 :二人の未熟者」終わり




 [18]へ

©2002 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: WindSeeds, 篝火幻灯, 信天庵

ネット小説ランキング:TheRootSeller に投票
クリック↑するとネット小説ランキングのサイトへ跳びます。

「TheRootSeller」外伝1Topへ TOP ページへ