4: イルトンランドの…

 やはりここも雨だった。ドリスがいるのはイルトンランドの小さな町。名前は聞いたはずだったのだが、覚えていない。
 廃屋になってしまったお屋敷の前。昔は豪華だったのだろう。そんな古びたひさしの下でかろうじて雨宿りをしている。
 天候のせいか人通りのない道。一応ここの大通りということになっているらしい。しかし人の気配が全くない上に流れ落ちてくる雨が景色をにじませてしまっているので、人なんか住んでいない町なんじゃないか…とか、ふと、疑ってしまいたくなる。こういった古い屋敷がいくつも放置されていて、さびれた印象を増しているせいでもある。
 昔は重要な交易拠点だったのが、ふとした変化がもとで寂れ果てた村になってしまうことはそう珍しいことではない。もちろん逆に何の変哲もなかった小さな村が、ちょっとしたきっかけで大都市になってしまうこともよくあることだ。
 ここも以前の繁栄が昔話になってしまった町の一つ。それでも今でもそれなりに人はいる。派手ではないが、華やかさの残るきれいな町ではある。
「…ふう」
 ずるずると…ざらつく壁に背中を預けたまま、滑るように濡れている地べたに腰を落としてしまう。それにつられて視線は水の流れる地面の上。何を見つめるでもなく何かを見つけたわけでもない。ただただ視線を落としてみただけだ。
 それでも雨はひさしを激し過ぎるほどに叩き続けてくる。ファイーナはドリスがひさしの真下に放り出したままの背負子の上。のぼりもそこらに立てかけられたまま。

「何をそんなに怖がっていたの?」
 銀の鈴を恐る恐る…そうっと振ってみたような、か細いけれども落ちついた声。でも、まだ幼い少女の声…だろう。
 無言で顔を上げてみると…果たして、小さな傘をさした小さな女の子がのぞきこむように、かすかに腰を曲げた姿勢で立っている。その小さな黒い傘には白いレースの縁取り。合わせたかのように服装も黒く、暗い。白くて小さな顔に表情は…ない。捨てられてしまった人形のように。
 しかしその口調は、人生の裏表を知り尽くしてしまった老練な大人と違いはない。
「……」
「飛んでみたらいいだけなのに」
 やれやれ、仕方ない子ね、とでも言いたげな仕草をしてみせる。かすかにその表情が動く…少女、と呼ぶことが許される年相応にはとても見えないが、不思議なまでに自然に見えてしまう。もしかすると少女ではなくて本当はドリスよりも年上なのかも知れない。
「まあ、いいわ。もう一歩は踏み出したんだし。もう怖くないわよね?」
「…えーと」
「あなたってまるでこのカラスのようね。翼は持っているくせに飛べない時は飛べない。おかしなものね」
 当のファイーナは背負子の上で半分目を閉じて眠っているようだったが…薄く目を開けて首を傾げてみせる。カラスなど鳥が見上げる時の癖だ。
「つばさ…って何が?」
「翼は思いよ。恐れることなんか全然ないのに」

「思いだけはどんなになっても飛べるものよ」
「…思い」
「そう。思いは誰にも、何にも邪魔されないし、何にも止められない。あなたの思いも」

 ざああっ…と雨が勢いを増してきた。目の前で見下ろしている少女も、ぼやけてにじんで見える街角も…激しい雨の向こうにかすんで…どこか踏み込んではいけない世界へと消え入ってしまいそうな…そんな錯覚すら覚えてしまう。
「あたしの…思い」
「あなたの思い」
 つぶやいてみただけのドリスの言葉を、少女はしっかりと聞き取ってはっきり返してくる。
「そして…みんなの…幾千の、幾万の…思い。世界は思いを重ねて時を紡ぐの」
 それきりで、少女はくるりと背を向けてしまう。雨もやに馴染んで消えていくその狭い背中と…皿のような小さな傘。
「あなたの思いは翼となって…世界を巡るの。いつまでも…どこまでも」
 ぴしゃぴしゃと水を跳ねる音だけがしている。その音もやがて濡れた道にしみこむように消えてしまう。

 辺りには変わらずに降り続ける雨の音。やむ気配はない。
 ドリスはニッと笑みを浮かべながら勢いよく立ち上がる。のぼりをつかむ。背負子を担ぐ。ファイーナが迷惑そうに鳴く。
「さ、行こうかね」

 だからドリスは今日もどこかを歩いている。

---了---


 [3-10]へ

©2003-2004 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: WindSeeds, 彩波の耽美派素材集, 信天庵

ネット小説ランキング:TheRootSeller に投票
クリック↑するとネット小説ランキングのサイトへ跳びます。

「TheRootSeller」外伝2Topへ TOP ページへ