死ぬかと思った。いや、色んな意味で。もちろん、アタマのことではなく。

 あれから一ヶ月。…寝てない。いや、寝たけど覚えてない。多分みんなそんな感じなんじゃないのかな、と思う。エトヴァルトまであくびが絶えないし。うちのみんなは目の下にクマでもできてそうだし…。
「マ・ル・ティ・ン? 何やってんの? ここはあなたの担当でしょ玄関ホールの飾りつけ?」
「…分かってるよ」
「分かってないっぽいなあ…もう夜になっちゃうでしょ? そうなったら間に合わないっての!」
「だから。今やってるって。そっちはどうなんだよお菓子作りの最終段階?」
「え? そりゃあ…ヘルガ義姉さんにも手伝ってもらってるし、何よりアタシはその…」
 と…いきなり背後から首を絞めてくる。もちろんこんなことするのは一人しかいない、ん、だけど…うげ。
「…タ、タミィ義姉、ちょ、入ってる…」
 上から満面の笑みのタミィ義姉。変わってない、そうだ、変わってない…。
「何いちゃいちゃしてんのかなあ…? うーん? みんな大忙しなんだけどなあ?」
「い、いちゃいちゃなんか…」
「そ、そうですっ! アタシはその、マルティンに食べてもらいたくって、そのあの…」

 マリアがこっちに来たのは半月くらい前からになるんだ。もちろん、その前にボクもカラドリアへ行ったりしたんだけど。
 …で、マリアのお父さんにも会ったんだけど。…まあ…なんか、適当に一言二言話してそれで終わり、と。それだけだった。それなりに立派な部屋に通されて、こっちも正装して行ったんだけど。結局一回も目を合わせてくれなかったもんなあ…そんなもんでしょ、照れくさいのよ、ってモニカさんには笑われてしまったけど。
 そう。マリアのお母さんのモニカさん。なんか貴族の奥方って感じじゃなかったんだ。いや、マリアと並ぶと明らかに親子てのがよく分かると言うか。考え方が似てると言うか。さばけた人と言うかくだけた人と言うか。ボクの母さんはボクが小さい頃に死んでしまって、あんまり記憶もないんだけど…ああいう感じじゃなかったとは思う。でも悪い人じゃない。…タミィ義姉と会ったらホント色んな意味で面白そう、と言うか…豪快だなあ、と。
 マリアのお兄さんのゴドフリーさんにも会ったんだ。ローガンの次期当主ということでやっぱり緊張したんだけどね。
 この人はどちらかと言えばお父さん似でジェレミーさんとどこか通じるような雰囲気。でも会って開口一番
「…君もモノ好きだねえ」
 と、にやっと笑ってボクの肩を軽く叩いたりするんだ。…それでも気さくに話してくれて、ホッとはしたんだけど…モノ好きて。そこまで言うかな…?

「何々? 愛しいダーリンに何か食べさせてあげようっての? マリアちゃん?」
「だだだだ、だれもそそそそそんなこと言ってませんッ! アタ、アタシはただそのあのそのだからえと…」
「…もういいでしょ、タミィ義姉。遊んでるヒマなんかないっしょ? テーブル全部表に出すんでしょ?」
「あら、それならうちの愛しいダーリンが…」
 すると表からそのだーりんの声が。
「いいかげんお前も手伝え! さっきから俺一人で運んでるんじゃねえか!」

 もちろんアレンさんもあれから戻ってきた。今は…一旦マーシャンダイツに戻るって。聖誕祭本番までにはこっちへ戻ってくるって言ってたんだけどね。そしたらゲルンタージュに安い家を見つけて月の半分くらいはこっちに住もうかなって。場所はヨハン兄が見つけてきたメモリオ通りの小さな家。そう、メリッサ姉さんの店のすぐ近くなんだ。それだと色々助かるわね、と姉さんも喜んでる。
 …デイル通りにルートセイバーの薬共支部ができることも話したんだけど。
「おやおや? それはそれで問題ないよ。奴らの自由なんだからね。ただ…僕は彼らを受け入れることはできない。それだけさ」
 言い方はさばさばしたものだったんだ。でも…目は笑ってなかった。

「ちーっす、マルティン。ジョンも来たぜえ…なんか手伝おうかってさ」
 実はラン君も何日か前からこっちに来ているんだ。もちろん…薬共支部と一緒に出来る『ミナハ薬店ゲルンタージュ支店』のお手伝いってことでね。もちろんラン君が店長やったりするわけじゃなくて、ミナハの方から何人か来るらしいんだけど…長老のアンバスさんを始めとしてゲルンタージュ嫌いの一派もいるから、人選は結構難しいらしい。それでも聖誕祭本番に合わせて開店するつもり…そう、そういうことになったんだ。
「なんだ、何赤くなってんだよ?」
「うっさいわね、あんたには関係ないでしょ?」
「…どうせマルティンのこったろ、へいへいお熱いこって。こっちは足りてるのかな…ジョン、ハインツさんに聞いてみようぜ、何か手伝いますかって」
「うん」
 そこへやっぱり疲れた顔でハインツ兄が奥から出てきた。この一ヶ月、父さんに代わってずっと総責任者みたいなことやってきたもんなあ、そりゃ…誰よりも疲れてると思う。お、ビーチェも出てきた。うわあ…なんかもろ眠そうだな…でもぱんぱん、と自分の頬を叩いてから、よしっ、とか何とか気合入れたりしてる。…このコもなんだかんだと忙しかったからなあ…。
「ん? 珍しいのまで来てるな…ああ、そうだ、マルティン。人手も来たことだし、お前は薬協支部の方に移ってもいいぞ。あ、マリアさんもね、こっちはもういいから」
「は、はい!」

 そう。聖誕祭本番に合わせてボクはここにゲルンタージュ薬協支部を開くことになったんだ。正式にね。競合あり、ということで保留されてた一次審査は難なくパスして二次審査。これは場所と収支のことだったんだけど…これも特に問題なし。そして…最終審査。各地方によって様々らしいんだけど、ここら辺はどんなのかな、と。その時はこっちに来たてのマリアと一緒に期待と不安でいっぱいになったままハイドシュタインの薬協支部で返事を待ってたんだ…。
 そしたら。ふと気付いたらカウンターの上には未記入の承諾書が。そしてその裏にはあの神経質そうな文字でこう書いてあったんだ。
『あなたにとって薬草販売促進協同組合とは何ですか? 400字以内でお答えください』
 ええと…と、フレデリクさんと三人で呆気にとられてしまったんだ。初等学校の作文か何かかい、と。もちろん別の承諾書を用意して、その裏へとすぐに書いてしまって…翌日にはもう『設立承認』が来ちゃった。だから承認まで一気になだれこんで行ってしまったような気もするんだ。あれだけごたごたしてたのに、一回始まってしまうとこういうのは早いもんなのかも知れないね。

「ね。マルティン」
 玄関ホールわきの薬協支部スペース。もうカウンターも取り付けてあるし(ジョンがやってくれた)、その他の機材も全部届いている。…格安ということでロバートさんに色々お世話になったんだけど、これも毎月少しずつきちんと返していかないといけない。頑張らないと。
「ん?」
 でも全然整理せずにとりあえず放り込んであるだけだから、その辺もこれから自分たちでやってかないと。と、ボクはまだ梱包を解いてない箱に手をかけてたんだけど。
「これ…食べてみてくれない?」
 …マリアが差し出した皿に乗ってるのは…クイト? なんでカラドリア出身のマリアが…?
「ヘルガ義姉さんに聞いて作ってみたの。…真っ先にマルティンに食べてもらおうと思って。忙しかったけど、時間見つけて。その…迷惑?」
「そんなことないって。…どれ、どんな味かな…」
 ばりん。結構固く焼いてあるんだ。クイトは作った人によって味が違ってくるんだけど…あれ?
「トゥペの木の皮、使ってないんだ?」
 甘味料でクイトには欠かせないものなんだけど…これは…?
「ペント草。カラドリアでは甘くするのに一般的なの。ランの奴がこっちに来るって言うから、頼んでみたの。…美味しい?」
「へえ…そっか…うん、美味しいよ」
「良かった…これがアタシの味。マルティンも覚えてね。忘れたら承知しないから」
 なんかこうやってゲルンタージュに馴染んでいくのかな…マリアも。そしてボクもマリアに馴染んでいくのかな…とか。なんだか上機嫌なマリアが別の箱引っ張り出すのを見て、そんなことを思ったんだ。これからどんな『馴染む元』が現れるんだろう、とかそんなことも思いながら、ね。


 そうそう。最後に…ボクたちはここで薬協支部をやってます。いつかゲルンタージュを訪れることがあったら、皆さんもぜひ一度寄ってみてくださいね。もちろんルートセラーじゃなくても大歓迎ですから。…ほら、マリアも。
 …え? え? アタシも? えっとー…とにかくよろしくお願いします、色々と至らないアタシたちですけど…って、こんなもんでいいのかなあ? アタシこういうのにあんまり慣れてなくってさ…。


………『The RootSeller 外伝3:ボクの薬協支部設立奮闘記』了


 [5-51]へ

©2006-2009 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: WindSeeds, Plantae, 信天庵

ネット小説ランキング:TheRootSeller に投票
クリック↑するとネット小説ランキングのサイトへ跳びます。

「TheRootSeller」外伝3Topへ TOP ページへ