いかがだっただろうか…?

 彼らはそのまま迷宮の奥深くへと潜っていくのだろう。
 その先に何があるのか、それは…分からない。

 何かがあるのかも知れないし…特筆すべきことは何もないのかも知れない。

 地上へ帰ることもないのかも知れない。あるいは次の階層で引き返してしまうことになるかも知れない。

 何があるのか、何も分からない。

 古来から人々を惹きつけてきた迷宮。
 最奥部に何があるのか。300階層目は実在するのか。
 本当は幻なんじゃないか…と悟ったことをいう連中もいる。

 それすらも分からない。

 無実のかけら、などという伝承もある。囚人を試す施設だった、という説もある。

 …全てが分からないのだ…。

 マナメたちがこれから潜って行ったとしてもそれらの真実が太陽のもとに晒されるとは思えない。
 恐らく何もないだろう。
 迷宮とはそういう場所でもある。

 だからこそ皆、潜りたがるのかも知れない。

 あなたもどうだろうか?
 マイノス王国へ行くにはセントレランドを目指せばいい。大国シポルニアスがあるから、そこを目指す道行きとも重なる。
 首都のエギアに着けば、クレータ行きの馬車もある。何、ちょいとでも懐が心もとないのなら歩けばいい。
 一回野宿すれば辿り着ける。道しるべもあるし…何より同じように迷宮を目指す連中が何人もいるはずだから、さびしくはない。

 クレータに着いたら酒場を目指すことだ。サポーターならそこにたくさんいる。
 その中から願いをかなえてくれそうなサポーターを選ぶことだ…。

 潜っても何も分からないだろう。でも何か得ることができるかも知れない。

 …そろそろ私も失礼しよう。
 全ての迷宮を目指す者たちに祝福と幸運を。そして…

 そんな彼らに花束を。


 S.O.

………『The RootSeller 外伝4:そんな彼らに花束を』了



[3-41]へ

©2010-2013 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: なまらファクトリー, Plantae, 信天庵

ネット小説ランキング:TheRootSeller に投票
クリック↑するとネット小説ランキングのサイトへ跳びます。

「TheRootSeller」外伝4Topへ TOP ページへ