「あのな」
 今度は対面に座っているアレクサンドロに向き直る。こっちも小声だ。
「アレは…いつ頃から、いや、何才くらいからああなるんだ?」
「大体歩けるくらいからだあな。こっちの子は生まれたらすぐに金槌持たせるだ」
「あの子は持ってるのか?」
「もちろん」
「今は…?」
「危ないから別のところですが…」
 それを聞くなりエーセストは椅子を蹴って立ち上がった。

 窓から差し込むのは満月の光。
 昨日の感謝祭の時と同じ、慈愛に満ち満ちた柔らかい月の光。ふと、動きの止まった子供は窓をじっと見つめ…。
「…遅かったか」
 一瞬だけ、顔をしかめる。助けを求めるように頭だけ回して親を探す。アレクサンドロとエレーヌの顔が目に入ると…嬉しそうな声を少しだけあげる。しかし窓を背にしたその顔には黒い毛が産毛ように生え始めている。まだ角はなく、かすかな突起が頭に埋まっているだけ。まさに子牛の顔になってしまった…。
「これは…一体…」
 シームスの呆れたような信じられないものを見たような、どこか抜けた声だけが辺りに流れた。


魔法都市ベンザウリ統治長官への書面:先に派遣頂いた魔法選任官の件について感謝の言を述べさせて頂きたく書面となした次第。かの者の協力なかりせばランスミット国の奇病は発見とならず、また牛頭の被害抑えることもあたわず。伏して御礼申し上げると共に今後のご指導ご鞭撻を願う次第。
署名:ランスミット国『牛頭』村村会議員 ジェイ・シームス(統治長官兼任)

ザナイア市直轄風土病研究所への書面:先に申し上げた通り、月光を浴びると牛頭と成す奇病について調査して頂きたくお願い奉り候。別途資料添付済み。幾度となりてもこの書面を送る所存にて留意されたし。
署名:ランスミット国『牛頭』村村会議員 ジェイ・シームス(統治長官兼任)


「奇病、か」
 結局あれは大河ランスミットの中洲にのみ存在する風土病、という扱いになった。今、シームスがあちこちに書面を送ってその対処方を検討している最中だとか。エーセストの報告書が主な資料となっているのだが…それでもなかなか進んでいない。多数の医者や研究者が住む市として知られるザナイアでも眉唾物としてにわかには受け入れていない。
「まあ、仕方ないけどなあ」
 一度来て見てみればいいのだ、とエーセストは思う。そうすりゃすぐに分かるんだがな…。
「バウア殿!」
 フォロス老人が入り口のドアを蹴破るような勢いで入って来た。実際に今まで蹴破られたドアは何枚もある。
「どーした、アーチボルト」
「それがしの名はアレクサンダ、お間違いのなきようにとあれほど…」
「だから何だよ」
「またもや調査の依頼にございますぞ、はるか北方の平原地帯に幻の雪女が…」
 なんだそりゃ、とは思う。大体冷気系の魔法が雪女に効くのだろうか。
「ふうん? 行ってみるだけ行ってみようか。なあ、アガサ」
「…それがしの名はアレクサンダ、剣を持さぬ代はなきほどの手練れにて…」
「さよか。何でもいいんだよ、そんなん。よいせ、っと」
 ややガタのきている椅子から身を起こして…大きく体を伸ばす。
「よし。んじゃあ…行くか」

「お待ちくだされバウア殿。先ほど雪女の依頼とさらに砂漠の遺跡に出没する幽霊、そしてセルシアスのガトラ地区にある謎の屋敷に関しても…」
「は? ばけもん関係の依頼ばっかってか?」
「どうもよそで断られた依頼がこちらに回ってきたようですな」
 腕を組んでなぜか何度もうなずくフォロス老人。
「これは憂うべきか喜ぶべきか…?」

 上げた腰をまた下ろす。そして依頼書に目を通してみる…。
「ま、いいか。日程をすり合わせてみようぜ」
「全て受けるのでございますか?」
「ああ、まー…いいんじゃねえか? 他に依頼もねえし。えり好みするわけにもいかねーし」

 それに…色々見てみるのも面白いのかも知れねーしな。

「何か?」
「なんでもね。お前も手伝えよ、アーンテレッケン」
「バウア殿…それがしの名はアレクサンダにて…」
「何でもいいから手ぇ、動かせ。事前調査だけで大分かかるぞ、こりゃ。そっちの書類取ってくれ。それからいくつか省庁も回んねーとな」
「これでございますな。さて、忙しくなってきますなあ…」
「ヒマよりゃマシだ。…あー、こりゃ一度現地見ておかねえとなあ…旅費、大丈夫かなあ…ったく」



…『牛の頭』了…




page13へ

©2013-2014 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: なまらファクトリー, Plantae, 信天庵


ネット小説ランキング:魔法選任官エーセスト・バウア に投票
クリック↑するとネット小説ランキングのサイトへ跳びます。


「牛の頭」Topへ TOP ページへ