………。

 そういった仕事を全部終えてからのベンザウリへの帰り道。あちこちでは終わった祝祭の後片付けをやっている。『祝祭』と染め抜かれたのぼりも回収されつつある。実際技研の外では大変なお祭り騒ぎだったのだろう。しかし二人ともこの七日間、ずっと技研の中にいたものだからそういうのは味わっていない。いささか惜しい気もする。
「しかしなかなか楽しかったですな」
 それでもやけに嬉しそうなフォロス老人の声。エーセストはそれに反論する気力もないようである。今回成就に関係した願い事は簡単なものばかりで、長期に渡りそうもなかった、というのが救いでもある。それでも…さすがに疲れた。が、ベンザウリに戻っても今度はマハルアウスに向けて出発しないといけないのである。ほとんど休む間もないだろう。
「いかがでございましょうや…来年かさ来年、再び祝祭を訪れてみる、というのは?」
 だがそれを聞いて、思い切り手を振るエーセスト。
「やだよ」

 そして、ため息を一つ。
「こんなめんどくさいこと、もうごめんだよ…ったく」



発…中央都市セルシアス:パトマス地区:魔法技術研究所教導主任室
宛…魔法都市ベンザウリ:公認魔法選任官エーセスト・バウア事務所
 ぜんりゃくこのあいだはみなみなみなさまにはたいへんなおせわになりましてあつくおんれいもうしあげてるどちんもかーなんもまたあいたいとかそういうこともいってますけどやっぱりおねえさんとしてはもうちょっとなんというかやっぱりえーくんはあれくさんださんといろいろなけいけんというかできごとというかせんにんかんとしてなにかあれやら…(以下省略)




…『祝祭の日』了…






page9へ

©2012-2013 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: なまらファクトリー, Plantae, 信天庵


ネット小説ランキング:魔法選任官エーセスト・バウア に投票
クリック↑するとネット小説ランキングのサイトへ跳びます。


「祝祭の日」Topへ TOP ページへ