「ガトだよ。ガト・カッツェ」
「…黒い猫…」
「なんだねーちゃんも覚えてんじゃん。そ、まっ黒いネコ」
「話し方がミョーなんだよな。時代劇とかそんなとこかね」
「いや。あれは落語やる人の話し方だね。兄ちゃんあんまし聞いてなかったから分からないんだよ」
「そっか? そんなんだったか?」

「そうか…」
 顔を覆う羽佐人。その顔は…悲しんでいるような、喜んでいるような…。
「そうか…君たちは覚えているんだ…それを…」
「父さん…?」
「僕は…覚えていない。何だったかを。でも…」

「ガト。ガト・カッツェ。ガトはスペイン語で猫の意味だ。そしてカッツェはドイツ語で猫…」
 そこまで言いけて口をつぐんでしまう。大きく息を飲み込んで、大きく吐く。大きな、大きなため息。
「なぜだろう…? なんだかとても懐かしい気分になってくる。黒い…猫。ガト。ガト・カッツェ…」

 その時、ふと未来は思いつく。
「じゃあ、そのお話の中に…ディクシィって出てこなかった?」
 ん? と顔を見合わせる兄と弟。
「…でぃくしぃ?」
「女の子。そそっかしいんだけど面倒見が良くって…」
「いたか? そんなん?」
「んにゃ。オレ覚えてないなあ…覚えてるのは…」

「マリカとソケイ」
「ああ、宿屋の夫婦だろ? 変な関西弁の。それから…武器屋のリョンカ」
「丁寧なおっさんだったねえ。…そうそう、リョンカの兄貴っていたような…ベ、ベ、ベー…」
「ベルホだな。賢者ベルホ。それと思い出した。雑貨屋のポラリス。いつもぐーすか寝てていつ商売してんだってな」
「それからさ…あのほら、工場の連中いたじゃん。えーっと…キーツにホーツに…コマカンサだったっけ? 妙な名前だったんで今でも覚えてるわ」

「キーツにホーツ?」
「うん。それにコマカンサ。たしか女の子だったよな。で、キーツとホーツが工場仕切ってて…」
「きいつ…」
 考え込んでしまう羽佐人。
「まさか…鈴木其一に…酒井抱一…? こまかんさ…古満寛哉…?」

「彼らについて他に何かなかったかい?」
「なんかあったっけ?」
「いや。そこまでは覚えてねえなあ…」 「…あのね、コマカンサの家ってちょっとした名家で…」
『…ミライ、なんであたしの親父とばあちゃんの名前、知ってんの?』
 あの元気そうな色黒の笑顔。そしてあのふくらみまで思い出して、なんだか懐かしいな、とか思ってしまう。
「お父さんの名前がコマキョリュー。おばあさんの名前がコマキューイ」

「古満巨柳に古満休意…」
「前にわたしの宿題で酒井抱一のことが出たじゃない? あの時に調べて、それに…」
「そう言えば古満寛哉のことも聞いてきたね。柴田是真に原羊遊斎のことも…」
「何の話だよ?」

 やはり詳しく思い出せはしないようだ。先守と明夫だけではどうしても全部思い出す、というわけにはいかないし、未来と羽佐人はその物語のことをよく覚えていない。でも。
 …あ、なんだ、簡単なことじゃない。
「ちょっと行ってくる。みんな待ってて」
「どこへ?」
「ナンタイコウ」
 …そうだ、なんで思いつかなかったんだろう…。

 もう『提案』は必要ない。何度も渡ったはずの世界なのだから。…未来は羽佐人が何か言おうとしている目の前で、かき消すように姿を消した。丸で消しゴムで消されてしまったように。



scene46へintermission3へ

©2011-2016 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: 篝火幻灯, なまらファクトリー,信天庵



「curious」Topへ TOP ページへ