…何だろ、何かあるのかな。

 あれから家に帰ってきて。とりあえず…案内書の手引きを机の上に置いてみて。椅子の腰かけて…ちょっと考えてみたりして。
 …何だろ。何か…あるのかな、まだ。
 そのうちにまだ制服のままだったことに気付く。着替えなきゃ…。

 今日は夕食当番だったことを着替えながら思い出す。冷蔵庫の中は…ほとんどカラっぽ。牛乳のパックが三本ほど並んでいるのは明夫が飲むため。多分三日…いや場合によっては二日も持たないだろう。他には…肉系統の買い置きが見当たらない。いつもは小分けにして冷凍してあって、朝出る前にその日の分を冷蔵庫の中へ置いておく。そうやっておけば帰ってきたくらいにはちょうどいいくらいに解凍されているのだけど…それも、ない。
 冷凍庫も開けてみる。たしか豚肉のこま切れが余裕もって買っておいてたはずなのだけれど、ありゃ…もうなくなっている。
 ついでに野菜室も。半分くらい使ったキャベツとピーマンと…ニンジンが何本か。サラダ用のセロリが、ごろり、と横になっている。これは先守の好物なので、安い時には必ず買うようにしている。そしてトマトとレタスもまだまだある。…じゃあ、こっちは大丈夫かな。
 ご飯は今から研いでおいて、タイマーをセットしておけばいい。生野菜もあるからサラダもできる。後は何かちょっと肉とかそういうのが欲しいかな。

 …前にもこんなことあったっけ。

 制服から着替えて駅前に戻る。買い物に行こうというわけ。ちょっと日が落ちてきているけど、まだまだ人はたくさん歩いている。ほとんどの人たちは家に帰るために歩いているわけだけど、未来はその逆。それもそんなに長いことかかるわけでもなく。ちょっと肉か何かを買い足しに来ただけで…。
「あれ? みーくんじゃん。どしたの?」
 やはりこっちもラフな格好の阿多根先輩がいたりする。駅前に向かう道の途中、あのスーパーの駐車場の街灯の柱によりかかっている。こっちに向かって大きく手を振っている。

「いえ。あの…ちょっと買い物に」
「なんだ。奇遇だねえ。あたしもちょっと、ね」
 手にしていたスマホをちょちょっといじってからポケットにしまいこむ。その仕草はいかにも使い慣れているように見える。ちょっとカッコいいな、とか思ったりして。
「なんかみーくんに会えるような気もしてたけどね」
「あはは」
「何買うの? 付き合おっか?」
「えっと、お肉でも…とか」
「肉かあ…」
 上を向いて、少し考えるポーズ。
「じゃあさ、久しぶりにうちに来ない? うち、魚屋だから魚でも買って行ってよ」
「魚屋…」
 そう言えば、そうだったような。

 …たしか…。
「すり身とかありませんでしたっけ」
「うん。どっちかって言うとそっちがメインになってるね。鮮魚店と言うより加工品店、みたいな感じ。材料仕入れてうちで作ってうちで売る。…しっかし、うーん…」
 腰に手を当てて、ぐいっと未来の顔を覗き込んでくる。阿多根先輩の方が少しだけ背が高いから(背の順で言えば真記・阿多根先輩・未来・かしこ)上から見下ろすような姿勢になる。…少しだけ…どきっとする。怒っているわけではないようだけど眉を寄せるような表情。
「そういうのもやっぱり覚えてないもんだねえ。うちにも何度も来てたのに。それに…しゃべりもまだまだ固いし」
「…あはは」
 …そう言われてもなあ…。
「まあ、来なよ。少しくらいなら時間、大丈夫っしょ?」
 みんなが帰ってくるまでまだ時間はある。ちょっと迷いながらも、大きくうなずく未来。

 その店は線路をはさんだ向こう側にある。駅の出口は二つあって、いつも未来が降りるのとは逆の方になる。駅の構内には連絡路のような通路もあって、別に改札を通らなくても両方を行き来できる。できるのだが…こちら側とあちら側では全く違う町に来てしまったような気になるのは未来だけではないだろう。最近になって開発が進んだ「こちら側」と以前からあった「あちら側」では空気の流れや匂いや味まで違ってしまっているような…。
 そんな「あちら側」。商店街としては大きい部類に入るのかも知れない。しかし見た目はそんなに広いとも思えない。
 理由は道路が狭いから。クルマがすれ違うのは、なんとかできそうだけど…クルマが二台横に並んだまま、その横を歩いて抜ける…というのがちょっと難しそうなほど。そもそもの道路の幅が狭いせいもあるのだけれど、店の前に看板やら何やら色んなものが置いてある(むしろ放り出してある?)せいもあるから。片付けたらもっと広くなるはずなのだけれど、そうはならないだろう。そんな雑多な雰囲気が今でも残っているのだ。

 何せ明かりの漏れている居酒屋っぽい店から、いきなり、ひょい、と赤ら顔のオジサンが顔を出して阿多根先輩に「おう、今帰りかい、一杯やってくか?」「だめだめ、あたし未成年だし友達と一緒だもん」「じゃあしかたねえ、おい、お代わりなー」と顔が引っ込んでげたげた笑う声が漏れてくる。そんな場面がフツーに繰り広げられたりしている。こういうのは「こちら側」ではまずあり得ない。



chapter4 scene8へ

©2011-2017 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: 篝火幻灯, なまらファクトリー,信天庵


ネット小説ランキング:curious に投票
クリック↑するとネット小説ランキングのサイトへ跳びます。




「curious」Topへ TOP ページへ