ふとした未来のつぶやきだったのだが…。
「ガト? …何それ?」
 ディクシィの答えは意外なものだった。本気で何を言ってるんだろう…? という顔。
「え、あの…ガトよ、ガト。黒い猫の、二本足で立って歩く…」
「ちょ、ミライ、ほんとに大丈夫? そんな猫いるわけないじゃない? 猫は四本足で歩くもんでしょ?」
 額に手を当ててくるコマカンサ。…表情が真剣である。いつもの軽い感じではない。
「えー…」
「なんだ、疲れてんのか? じゃあとっとと宿に戻ってだな…」
「えー…はは、その…冗談冗談。すべっちゃったかな…あっははは…」

 ほんのわずかでも世界は変わっていく。何らかの、どこかからの影響を受けて…それがささいなことでも。もうそれを知らない未来ではない。
 …なんかあったんだ、ガトに。
 いや、ナンタイコウに何かあったんだ…。

 その場はなんとか繕ってみたりする。なんか今日のミライは変だなあ、とみんなに思われているのは間違いないが…仕方ない。
 …結局ポラリスは起きてこないので…必要な商品をいくつか選んで、代金をまとめてカウンターに置いて店を出ることになった。実はこういうことは珍しくなかったりする。何せ大抵の場合店主がこうやって寝てばかりなのだから…用のある客はわざわざぴったりの額になるように持っているお金を調整して、そしてこうやって置いていくのである。そのための小さなお皿まで用意してあって、そこへ持って行ったモノの名前を示して(それ用の小さなメモ帳も用意してある)代金を置いていく。
 そんなことまでするくらいなら起きていればいいじゃないか…とも思うのだが…それよりも店主は寝ていたいらしい。

 そうやってカウンターの上の小皿にディクシィが代金を置く。…ふと見ると…仕入れ台帳のようなノートが開いたまま置いてある。カウンターに投げ出してあるポラリスの腕の下になっているので帳面に付けながら寝てしまった、とかそんなところだろう。
 …何が書いてあるのかな…。
 全部は見えない(店主の体が覆いかぶさっているから)しかし商品名と…そして地名がいくつか。
 …トウキコウ…サイデン…?
 と言うことは「そういうことになっている」ということなのかどうか。実際に店主に聞いてみれば分かると思われるのだが…やはり起きる気配は、ない。

 それから四人でしばらく町をぶらぶらと。シードルポップの屋台に寄ってみたりいくつか店を回ってみたり。…なぜだか安心したのはドアにある大きな傷。ガトのこともあってなんだかこういうのも消えていたりしたらどうしよう…と思っていたのだったが。
「うん。そうね…いつも通りだね。でも最近はなんか増えたような気もする…かな? ドアの修理は無償でやってるからね、ちょっと大変かな?」
 とコマカンサも笑っていたりする。
「夜回りもねえ…やってもあんまし意味なさそうだしね」
「そうだなあ、まあ…やらないよりマシか、とかそんなことにはなってるけどなあ」
 そうだ。夜回りのこともあったんだ…と思い直す。ここのところナンタイコウから離れすぎたのかな、とか思ってしまったりする。

 そろそろ昼食か、ということでマリカの宿屋へ。…それとなーくマリカにガトのことを尋ねてみたのだが、やはり反応は変わらない。
 …どうしちゃったのかな。
 ガトのことだから大丈夫だろう、というあまり根拠のない目測があるにはある。でもこれだけ徹底的?にいなくなっていると…やはり不安になってくる。
「あの、わたし…」
 昼食はパンにスープ。焼きたてのパンは素晴らしく胃袋を刺激してくる。さらにスープは茶色い透明な一品に野菜がどっさり。あ、オニオンスープみたいなものかな…と未来は思ったりしている。そんな食事を前に、すでに約一名大盛りの炒めメシに食らいついているのがいるにはいる。
「ちょっと、出てくるね」
 と、言い置いて宿屋を飛び出す。心当たりがある…。
「ふへ? ほほにひふって…?」
「先に食べてて、すぐ戻ってくるから」

 崖の上。あの海が見渡せる場所。草原が風になびく。いるならここだろう…
「やあ、待ってたですよ」
 果たしてあの黒猫は二本足でこちらを見ている。ただし。
 …あー…なんか違うな…。
 大体本来のガト?だったらこんな風にしゃっきり立ってはいない。未来を待つのならそこらに寝転がって「おーう、やっと来たかい」とかやってくるはずである。
「多分ここに来ると思ってたですよ。どんぴしゃというやつなのです」

 …中身が違うっぽいな…また誰かになってるのかなー…。



chapter4 scene20へ

©2011-2017 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: 篝火幻灯, なまらファクトリー,信天庵


ネット小説ランキング:curious に投票
クリック↑するとネット小説ランキングのサイトへ跳びます。




「curious」Topへ TOP ページへ