…えーっと…。
「…その方がいいの?」
「やりやすいです。絶対」
 バイトなんかしたこともない未来である。そういう存在の上役の方がいいのか…その辺まではちょっと分からない。父・羽佐人は勤め人だからその辺は知っているだろうけど、そこまで深い話をしたことは、さすがにない。
「そんなもんなのかな…」
「そんなもんなのです」
 歩き始めた未来を一度見送って…その背中を狙って、ひょい、と跳んでくる。ぶつかられたような感触もない。軽く、ほんとに軽く、とん、と肩先を小さく叩かれたような感覚の後…ちょっとだけ重みが背中にかかってくるのを感じる。
 …まーた、ぶらーん…かな…?
 果たして進める足に合わせて左右に振れる小さな荷重を感じてくる。

 小さな森…にしては小さいけど林…にしては大きい、そんな程度に茂った木の集まりを抜ければすぐにナンタイコウである。
「…ところで…」
「うん?」
 背中に向かって返事、ってのもなんだかなあ、とか思っている。
「この世界を創ったのはフクダキョウコで間違いないですか?」
 力のかかり方がやや違ってきている。…多分片手でぶら下がってもう片方は例の帳面でもめくっているのだろう。
「うん」
「そして認証は三人の案内人と対象人物が揃った時に発動する…」
「なんか、そんなみたいだね」
「…案内人のうち二人はすぐに揃うです?」
「そりゃあ…まあ」
 …一人は今背中にぶら下がってるし。リョンカは町にいてさっき会ってきたし。
「しかし残る一人にはなかなか会えない…と」

 なんかイヤな予感を感じて歩みを止める。
「…まさかベルホさんを探しに行け、と…」
 すると再び回転しながら未来の頭上を越えて目の前へ、ぴたりと着地。両腕…両前脚を正に体操選手のそれのように掲げて見せる。
「なのです」
「でも狐狸の森だから、まあ、近いけどわたし一人じゃ…あ、時間止めてくれる?」
「あれはそれほど多用してはいけないのです。認証作業に入ったら止めるのを許されるのです」
「許されるって…誰に?」
「キュリオスなのです」
 あれだけいてもいなくても問題ない、とか言ってたのに…こういうとこは気にするのである。
「決まりは決まりなのです。自分らにはどうしようもできないこともあるのです」

「さ、さっさとそのコリのモリとやらに案内するのです」
「それは…いいけど…」
 …わたし一人で大丈夫かなあ…。
「何を心配するのです? 旅人には旅人のやり方があるはずなのです。いくらかでも旅人の力が使えるなら、それほど難しい話ではないはずなのです」
「…そうなのかな…?」
「さ、行くですよ行くですよ」
 と、今度は自分でささっと未来の背中へ回り込んで…ぶらーん。
「案内人に会ったら自分がどうにかしてやるのです。だから、そこまで連れて行くのです」
「…なんか一気に狐狸の森まで飛んでいく…とかそういうこと、できないの?」
 そういう裏技?的なこともできそうなのだが。
「できるです。でもやらないです」
「えー…なんで?」
「めんどくさいのです。それに、こっちの方がとっても楽ちんなのです」
 ぶらーん、ぶらーん。

 …やっぱりこんなのばっかりなんだ…。
 こんな部下ばかりいて、キュリオスも大変なんだな…と、そんな風に思えてきてしまう。



chapter4 scene22へ

©2011-2017 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: 篝火幻灯, なまらファクトリー,信天庵


ネット小説ランキング:curious に投票
クリック↑するとネット小説ランキングのサイトへ跳びます。




「curious」Topへ TOP ページへ