「ここが…そうなのかな」
 もらったメモには間違いなくこの住所と簡単な地図。いつも学校へ行くのとは反対方向への電車に乗って…少し。小さな山があることは未来も知っていた。小学生くらいだったか、クラスの遠足か何かで山へ行った記憶もある。だから間違いはないと思うのだけれど。
「…遊園地」
 あったっけ、そんなもの。遊園地…じゃなくて遊具がちょろっとある…公園?みたいのならあった、ような…?

 ここではなく、少し遠いけれどもっと大きな遊園地がある。遊園地、と言うよりテーマパーク的な施設。大きな駅まで行ってから乗り換えるのだ。そこは一日に一体何人来るのだろう…と思えるほどに人が来る。全国的にも有名な場所で、専用の駅のようなものまであったりする。
 しかしここはそういった有名どころではないようだ…。
 小山の途中のちょっとした広場。そんなところ。アーチがあって何か書いてあるけれどよく読めない。特に誰もいないので入場料もいらないようだ。あるのは売店とベンチとキャラ物の乗り物と…メリーゴーランドが見える…?
 …動くのかな…?
 他に何人かお客さん?がいることはいる。小さな子供がお母さんに連れられて来て、早く早くと手を引っ張っている。…よく見たら園内はきちんと整備されてあって、掃除も行き届いている。誰かが丁寧に管理しているのだ、ということがよく分かる。

『ここへ行ってごらん』
 あの日の放課後のさらに後、阿多根先輩がゲンゾーじいさんに会わせてくれた。…放課後になるなり阿多根先輩が未来のところにダッシュで来て、少し事情を尋ねただけで店まで引っ張っていってくれたのだった(あの小芝居は一体何だったんだ、などと考えてはいけない)。考えてみればこういった話ならこの人くらいしか頼れる人がいない。
『あの、ここは…』
 未来の様子を一目見るなりやや口を曲げて、メモを渡してくれたのだった。
『ワシの師匠にあたる人たちがおる。相談には乗ってくれる…じゃろう』
『なんか気になる言い方なんですけどー?』
 孫のツッコミに露骨にギク、とか一瞬固まってみたりして。
『大丈夫なんでしょーね? みーくんをそんなとこに送り込んで?』
『送り込むとは大げさな。何、取って食われたりはせんわい』
 にこ、と笑みを浮かべて見せたりするのだが…。
『なんか気になるなあ、あたしも一緒に行こうか? 行くんなら次の休みっしょ?』

 しかし。低い一声。
『ならん』
『…じゃあ仕方ないか』
 というわけで一人でここへ来てみたのである。

 …あ。池もある。
 円形の池。真ん中には噴水もある。ただしそれっぽい装置?のようなものが水面下に見えるだけで、今は動いていない様子。定期的に水を噴き上げるのかも知れないけれど、なんだか…そういう感じには見えない。それでもこの池も枯れ葉が浮いていたり藻に覆われていたりはしない。へりの石も年月は感じさせるものの汚れはどこにもない。やはりここもきちんと手入れされているのだろう。
 …サカナとかいないのかな。
 池の周囲には手すりがあって(これも古いけれど錆ひとつ浮いていない)そこへ体をあずけて池を覗き込んでみる。さざ波が水面を揺らす。だけど何かいるようには…見えない。池の底がはっきり見えるほど水は澄んでいるのだけど。
 それほど深くはなさそう。膝くらいまでもなさそうな、そんな程度。灰色がかったコンクリートのような底が、ゆらり、と歪む様子までしっかり見ることができる。

 …何だろ。
 なぜかは分からない。なぜこんな風に感じるかは。
 …何だろ、この…もやもや…?

「…お客様ですね」
 いつの間にかすぐそばに女性が立っていた。
「…そうですね」
 もう一人。よく似た雰囲気の女性が、未来を挟むように、囲むように立っている。
「…あの」
 双子か、と思うほどに似ている。若い女性…に見える。だけど未来にはどこか違和感がある。サキ先生やみっちゃん先生くらいの年の頃にも見えるのだけど、何か、どこかが違う。この感触は…。
 …ガーフ…?
 ガーフが「あっち」に来る時の、黒いフードをかぶったあの姿に似ている。見た目は全然違う。だけど、立ち居振る舞いや表情が良く見えない…分からないところは…どこか、似ているような気がする。



chapter4 scene30へ

©2011-2018 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: 篝火幻灯, なまらファクトリー,信天庵


ネット小説ランキング:curious に投票
クリック↑するとネット小説ランキングのサイトへ跳びます。




「curious」Topへ TOP ページへ