「へえ、ロックだね」
「ろっく?」
「うん、それ、ロック。超えてるね」
 翌日の朝。教室に着いてから真記に話してみたらそう言われてしまった。何がロックだか分からない。どこに音楽の要素なんかあるのか、何が何を超えてるのやら。
「それで? どうなったの?」
 背伸びするようにかしこが見上げてくる。
「それで…」

『今日はこれくらいにしましょう』
『そうですね。これくらいにしましょう』
 と言われたのは何回「内から外へ」「外から内へ」を繰り返した後だっただろうか。
『はあ』
 何となく疲れた。何となく…肩が少し張ってきついような気がする。ずっと二人の手を握ったままだったのだ。いや、二人にがっちり握られて動けなかった、と言うか…動かせてもらえなかった、と言った方がいいかも知れない。それほど力が込められていたとは到底思えなかったのに…動かせなかった。いや、動かせる気がしなかった。
 すでに冷めているお茶を飲み干す。思っていた以上に喉が渇いていたようで…美味い。一気に飲み干してしまう。それも立ったまま。
『お代わり、いる?』
 多分このみさんと思われる方が急須を持ってくる。大きな…未来の両手で包んでも余りそうなほど…鉄製の黒っぽい急須。かすかな湯気が出ているのが見える。
『あ、はい、頂きます』
『苦くて苦くて、そこがいいのよね。なんか、こう、顔をしかめる美味しさ、かしら?』
『…え?』
 手にしていた茶碗に、そのまま注いできた。だばー、と遠慮も何もなく注いでくる。思わず落としそうになるのを、何とかこらえる。
『今日はこれで帰んなよ。また気が向いた時にでも来たらいいんだし』
 こっちがくすしさん…? こちらもこのみさんに急須から注いでもらって一気に飲み干して『あー! うんめー!』とか叫んで…そのまま出て行ってしまった。

 その瞬間。なんとなーく…分かってしまった。この二人は「演じて」いたのだな、と。なぜかは分からないけれど。

「あっやしーね」
「うん」
 こっちの二人は思い切り疑いの目。未来本人だって何が何だかよく分からなかったのだけども。
「また行くの?」
「うん。また行ってみる」
 他に手がかりもなにもないのだ。行ってみるしかない。
「ひとりで?」
「…うーん…」

「みーくん! あそこ行ったって?」
 言っておくがまだ朝のホームルームが始まる前である。…なんで一つ上の階にいるはずの阿多根先輩がこんなところに…。
「どうだった? 大丈夫だった? 何かヘンなことされなかった?」
 一直線に走ってきて、肩を掴んでがっくんがっくん。…周囲からの視線が…痛い。
「いえ、まあ…別に…」
「やっぱり一人で?」
「はい…」
「先輩、それで…今度はあたしらも一緒に行ってみようかと思ってるんですが…」
 うん、うん、とかしこもうなずいている。

 しかし。
「うーーん…それはどうかなあ…」
 腕を組んで考え込んでしまう。
「ダメですか?」
「ダメって言うかね。あれも結構うるさいからねえ…やっぱりみーくん一人で行った方がいいと思うよ?」
 あれ、とはゲンゾーじいさんのことだろう。これでも祖父のことを気にかけているのか、それとも無視して未来に何かあったら困る、とかそんな風に思っているのか…。

「ところで…」
 これもちょっと前から気になっていたのだけど。
「七咲君は?」



chapter4 scene32へchapter4 scene34へ

「curious」Topへ TOP ページへ