顔を見合わせる真記とかしこ。
「そう言や、なんか最近休んでるね」
「そうだね。かお、みてないね」
「先輩なんか知らないんすか?」
「いやあたしも知らないなあ…」
 …よかった、いなかったことにはされてないんだ…。
 「あっち」のガトみたいにはなっていないようだ。

「そのうち出てくるんじゃない? あ…チャイム鳴ってる。…んじゃっ! またっ!」
 びしっ、と右手を上げて…そのままダッシュ。入り口で遅刻寸前に滑り込んで来た三輪団員とぶつかりそうになって…ここでもびしっ、と手を上げてダッシュを加速。ものすごい勢いで廊下を走って行った先でサキ先生に「走るな! 阿多根!」と怒鳴られているのまで聞こえてくる。さーせん、とか何とかそんな答えまでかすかに聞こえてくる、ような気もする。すでに上の階に着いてしまっているのだろうか…?
「…やれやれ。元気なもんだなあ…あいつは」
 帳面を担ぐようないつもの格好でトーダが入って来る。先生たちはホームルームに間に合うようにほぼ全員が同時に職員室から出てくる。
「えー、おはよう。みんな席着けー、日直ー、あいさつー」
 こうやって今日も一日が始まるのだが…。

 こつん、と背中をつつかれた。シャーペンの頭の方だろう。授業中はスマホはもちろん携帯は電源オフにする決まりなのだがアナログな手紙までは先生も取り締まりきれない(もちろんバレたら怒られるが、そこはバレないようにやり取りする方法はいつの世も存在している)。
「…これ」
 そっと左手を後ろへ。そこへ何やら紙切れが押し付けられる。
 …うわ。
 明らかにノートを急いで破りました、そこへ大慌てで書きました、てな手紙である。普通なら小さくしようと折り畳むものだけど、これは…なんだか丸めるのに失敗してしまったような、微妙な形状。
 …誰からだろ。
 そっと広げてみる。差出人は…三輪団員?

『はなしがあるのでみなできてくだちい』

 どこに、とか、いつ、とかそういう指定もない上に妙な誤字まである。ちら、と後ろを振り向いてみる。三輪団員は後ろの方の席なのだが…
 こっちに気付いて、軽く頭を下げてくる。間違いはないようだけど…?
 …別に今こんなことしなくても休み時間に言えばいいだけなんじゃ…とか思ってしまう。同じクラスなんだし。会って話す時間くらいはあるのだし。

「話というのは七咲のことッス」
 あの階段下のスペース。…なお、今はもう放課後だったりする。休み時間と昼休みを使って「どこ」を決めたのだった。しかし真記とかしこはここにいない。映研と文芸部、どっちも抜けられない用が放課後にある、とのことで…二人とも残念がっていた。後で未来がどんな内容か話すことになっている。
「ほほう」
 しかしなぜかここに阿多根先輩。ヒマなのかなんなのか。
「くわしく」
 元々が物置スペースだからほこりっぽい木箱とか転がっていたりする。それへ片膝を立てて腰掛け、立てた膝に肘を乗せるような…あまりお行儀の良くない格好。直立不動でやや視線を上げて話す(いや、報告と言うか奏上と言うか)三輪団員を左側から見上げている。…正面に向かい合うのは、さすがに恥ずかしいのだろう。
 …じゃあ、そんな恰好しなきゃいいのに。
 と未来も思うのだが…それが阿多根先輩でもある。

「こういうのはやはりアネさんに話しておくべき、と思いまして」
 言うまでもなくアネさん、とは未来のこと。何度もやめて、とお願いしていたのだがどうしても直してくれないので最近はあきらめてしまっている。
「七咲は…悩んでいるッス」
 さっきまでのようにやや上に視線を上げるのではなく。阿多根先輩の前に立っている未来の目をしっかり見据えてくる。
「え…」
「アネさんが最近悩んでいることと、関係があるッス」

「…ちょっと待って」
「うス」
「あの子、最近出てきてないじゃない。なんであんたがそんなこと知ってんの? あー…連絡先は知ってるのか…」
「いえ」
 ポケットから取り出したのは…封筒。茶色い封筒。くちゃくちゃになっているけど。
「手紙が来るっす。ちょくちょく。もちろん自分も返事出してるッス」



chapter4 scene33へ

©2011-2018 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: 篝火幻灯, なまらファクトリー,信天庵


ネット小説ランキング:curious に投票
クリック↑するとネット小説ランキングのサイトへ跳びます。




「curious」Topへ TOP ページへ