昔は色々あったもんじゃ、何せあのお二人はワシの先達みたいなものじゃからな、と。なぜ「みたいなもの」を付けるのか、その時はよく分からなかった。

「はい。吸って…吐いて…」
 今度はこのみさんと二人、手を繋いでの『吸って吐いて』である。…やはり意味は分かりそうもない。
 …わたしの何の、どこのスジがいいってことなんだろう…?
 そういうところまでも分からないのだが…。

「あの。ちょっと、お伺いしたいことがあります」
 何度目かの『吸って吐いて』の後。「少し休憩しましょうか、苦くて苦くて悶絶しそうなお茶があるの」ということで妙に色のその濃いお茶を勧められたその時。
「何かしら?」
 その妙に色の濃い茶を…ごくっと一口で飲み干してしまう、このみさん。…苦くはないのだろうか…。
「あの、その…このみさんは、このみさんたちは一体何者なんですか?」
「わたし?」
 自分の鼻を指して見せる。ふ、と小さな笑みが唇の端に浮かぶ。その小さな笑みが意味するところも、ちょっと、分からない。
「そうねえ…わたしとくすしは…とある高貴なお方にお仕えする姉妹、ってことでどうかしら?」

 …どうかしら、と言われても。
「真面目に答えてください」
「わたしが真面目に答えたとして、あなたはどうするの?」
「それは…」
「あなたがここへ来ている目的は再び旅人として渡れるようになること。それとわたしたちの正体と、何の関係があるのかしら?」
「…それは…」
「わたしたちが神でも悪魔でもロボットでもその目的を達成するのに何の関係もないわ? そうじゃなくて?」

「それは…そうなんですが…」
 ぎゅ、と湯呑みを握りしめる。…熱い。でも熱すぎはしない。
「…なーんてね。気になるのも仕方ないわね。でもそれを今、教えてしまうわけにはいかないわ。何しろ人が生きていくには試練とか壁とかバクチとかが必要なのだから」
 と…じーーーっと未来の手元を見つめてくる。
「…えと」
「飲まないの? 冷めちゃうわよお? とーーーっても苦いのよおーーー?」
 テーブルの上に両肘を突き、花が開いた両手の上に首を乗せたような姿勢から…こちらを見てくる。やや首を傾げて。満面の笑みで。目を細めているのにこっちを…こっちの中身を覗き込んでくるような気もする。…瞬間、未来は本当に自分のアタマの中も心の中も覗き込まれてしまったような錯覚に陥る。これまで感じたことのない…いや、どこかで感じたことのあるような、既視感にも似たこの感覚。

 思い切って手の中の湯呑みを口に付け傾け、口の中へ、中の液体を流し込む。
 …うげ。
 にが…。

「よくできました。じゃあ…こういうことにしましょうか」
「…は、はい…」
 喉の奥からその先までも濃い緑色の紙が貼り付いて苦味を放出し続けている、そんな気がする…早く、これ、はがしたい…。
「あなたが少しでも自力で渡れるようになったら、わたしたちの本当の正体を教えてあげる。それでいいかしら?」
「は、はい…」
 このみさんが水の入ったコップを差し出してくれる。それで喉の奥の違和感めいた刺激はなんとか治まってきたのだが…。

「誰かから背中押されて一歩踏み出してもそれはあまり意味がないわ」
「…え?」
「まずはあなたが一歩踏み出そうとすること。それは苦ーーーいと知ってるお茶を飲んでみるのと同じこと。息を吸って吐く、というただそれだけの行為にも何らかの意味があるものなの」
「……」

「そしてね。これはあなたの問題であって…誰かのことを必要以上に気にする必要はないわ。違う?」
 …七咲くん…。
「踏み出そうとはしているわね。ここに来た、ということは。でもそれだけじゃ足りないわね」
 …いや…違う…それもあるけど…それだけじゃなくって…。
「会ってらっしゃい。そして…話してらっしゃい。すごくカンタンなことじゃない? それって? そうすればあなたのもやもやも消えると思うのだけれど?」



chapter4 scene38へchapter4 scene40へ

「curious」Topへ TOP ページへ