「でもそれには渡れないと…」
「一歩踏み出してみて、って言ったでしょ? あなたには今、必要なのはそれだけ」
 とまるで宣言でもするみたいにきっぱり言い切ると、ぐいぐいと手を引っ張って事務所から連れ出す、

 小さな公園のような遊園地。他には何人か…二組くらいの母子がいるにはいる。入園料もないみたいだから、こんな風に近所の人たちが散歩がてら来ることがあるのは未来も知っている。だけど、なんか、この格好は…恥ずかしい。このみさんに手を引っ張られたまま園内を半分走っているのである。…まるでナントカ引き回し、である。
 小さな子供が手を振ってきた。満面の笑みを浮かべたこのみさんが空いてる方の手で答えるように振り返す。未来は…もちろんそんな余裕はない。
 何度かつんのめりそうになりながらも、何とか…辿り着いた(少なくとも未来にはそう思えた、小さい遊園地なのに)のは…
「あの、ここ…」
 敷地内にあった、あの池のほとり。
「さ、飛び込んでみて?」
 いきなりである。

 恐る恐る覗き込んで見る。…それほど水深はないのだけど、いや、逆にその方が怖い。飛び込んだらどこかにぶつけてケガでもしそうなのだ。底には土や泥ではなく灰色のコンクリがゆらめいて見える…。
「とにかくどーーんと行ってらっしゃいな!」
 さっきの子供に向けてたのと、ほぼ同じ満面の笑み。
「いや、あの、えっと…」
 もっと深い池なら大丈夫か…いやいやそういう問題じゃない…。
「怖いって言うか、その…」

「さっきも言ったでしょ? あなたに必要なのは一歩踏み出してみること」
 再び未来の手を取って、池のへりに立たせる。無理やりに。しかもこのへりの幅、未来の足…つま先からかかとまで…よりも少しだけ広い。まるで誰かがここへ立つことを前提に作られているようにも感じる、のだが…そんなことまで考える余裕はもちろん今の未来には、ない。
「…あの、その…えっと…」
 いくら未来でも心がいつもの状態だったらここまで不安定にふらついたりはしないだろう。幅から言えば自身の足よりはかなり広いのだから。それなりの高さはあるけれど、そこまで怖いとは思えないほどなのに。しかしこのみさんに引き回され、無理やりに立たされたこの状況では…。
「はーーーい、いってらっしゃーい!」
「え?」
 どん、と背中を押される。どこかの映画かバラエティのように腕を回してこらえようとしてみるけど…それも虚しい抵抗、というもの。身体の重心はすでに池の上にあって、それを変えられるほどの力も余裕も未来にはなくて…。

「何か一つ、心の奥底でいいから願っといてねー! 何でもいいからー!」

 かろうじて…かろうじて背中から『落ちた』のは本能なのだろうか。いつものように足先から飛び込むのではなく…背中から『落ちる』…。

 泡を感じる。背中から…脇を回って…太ももからも回ってきて…顔の上も、腕の先も、足の先までも。泡が巡って自分の体を包み込んでくる…? 何の泡かは分からない。優しいような、しかし厳しいような。小指の先ほどもないような細かい泡のような、顔全部を覆ってしまうほどに大きな泡? いやいや、そんなものでもないような…。
「あら。渡れたじゃない」
 さざ波一つ立っていない池。
「後付け条件渡過ってやつだね。後から条件付け加えることで条件渡過ってことにしちまう」
 首に巻いたタオルで顔の汗をぬぐう…くすしさん。いつの頃からか後ろで見ていたらしい。
「相変わらずムチャするねえ」
「あら。人のこと言える? あえて私に任せたのは…あなただとみんな泣いちゃうからじゃないの? 厳しすぎるから」
「…うるせ」
 がしがしと顔をタオルで拭き回す。
「頑張って頑張ってから一歩踏み出さないと意味ないんだよ。そういうもんなんだよ…」

 …と、顔の前で双眼鏡のように両手を丸めていたこのみさん。
「それでも渡った先は…あら、キョウコさんとは関係なさそうね?」
「そりゃ、そうだろうよ。この状態じゃあ、後付けできる要素は一つくらいだろうし。思い出を引っ張られてるんならなおのこと肉親よりオトコに行くだろうよ。そっちの方が強烈に覚えているだろうから、ね」



chapter4 scene39へ

©2011-2018 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: 篝火幻灯, なまらファクトリー,信天庵


ネット小説ランキング:curious に投票
クリック↑するとネット小説ランキングのサイトへ跳びます。




「curious」Topへ TOP ページへ