しかし他人(リスだから他個体?)を気にしているヒマはあまりないようだ。
「機銃スタティージャ。初等機銃だ。これを使いこなすのは基本だな」
 抱えるくらいの細長い箱からさらに細長い筒が長く伸びたような形。両手で構えて固定して、撃つ。下の方はきちんと固定されてあるからぶん回してもすっぽ抜けたりはしないだろう。…なんとなく、なんとなくだけど…観光地によくあるコイン入れたらしばらく使えるようになる双眼鏡を思い出してしまう。なんだかアレに似ているのだ。
「この持ち手でしっかりと構えるのだ。両方を、両手でな」
 握る、と言っても未来の「手」は今「翼」となっている。黒い翼。そこはドン・ロメロも同じでオールのような形になっている。どちらも「握る」ことは不可能である。
「無論方法はある。固定具があるだろう?」
 人間なら滑り止めになるのだろう。持ち手に太いベルトのような帯のようなものが付いている。それがどう見ても大きい。…それへ翼(もしくはオールのような前脚)を通して使うらしい。それこそすっぽ抜けたりしないかな、とか思ったのだが…実際に差し込んでみると意外ときっちりとホールドしてくる。
 …これならいけるかな。
「反動がある。気をつけるように」
 と、言われたのだが…。

「…ふむ。まあまあか」
 筒のはるか先には丸い的が、ぽつん、と立っている。装填されてあるゴム弾?みたいなのをそれへ撃つようになっている。ぺたり、と張り付く仕組みらしく的に当たれば分かるようになっている。一応?未来はいくつか命中させることができた。
 多分その辺をもって「まあまあ」という評価になったと思われるのだが。
「は、はあ…はい…」
 …きっつぅ…。
 撃つたびにどっかんどっこん「反動」が両手、いや両翼に響いてくるのだ。これでは狙いを定めるなんてのはちょっと難しそうだし何より構えて固定するのも難しい。
「肩と翼に力を入れすぎだな。もっと軽く、そっと構えるといいだろう。それが基本だ」
 ちょっと貸してみろ、と場所を交代。
 やはりどっかんどっかん撃ちまくるのだが…そのたびにオールのような腕と、甲羅になっている背中も盛大に揺れまくるのだが…。
「まあ、こんなものだろう。これでも初等機銃だからな。反動は抑えてある」
 全弾が小さな的に命中して上から見た一盛大安売りの山盛りみたいになっている。…ドン・ロメロが何かをインカムで指示すると…C4がその巨体を揺する。甲羅の上に乗っかっている1頭と1羽が落ちるほどでもなかったのだが…ぺたぺたと張り付いていたゴム弾?みたいなのは全部下へと、甲羅を滑って森の中へと落ちて行ってしまった。慣れた様子でドン・ロメロが装填し直して…即、訓練再開。
 便利な処理方法もあったものである。いちいち外しに行かないといけない、となるとかなりめんどくさそうだ…。

 しばらく続けていると。少し…機銃の扱いにも慣れてきたような、気がしてきた。
 ドン・ロメロの言った『力を入れすぎだな』という言葉の意味がなんとなく…分かってきたのかも知れない。ふにゃー、だらーっ、と力を抜ききった状態ではなく。肩に力を入れすぎず、でも姿勢は維持したまま。その辺のさじ加減と言うかカンと言うか。そういうのがなんとなーく分かってきたような、そんな気になってきたのだ。
「ふむ。いいだろう。最初に比べたら正に雲泥の差、というやつだな」
「…はあ…はい…」
 しかしそんな風に身体を使うのは実は結構疲れるのだ。だんだんと翼の重みを実感してくる。これまで正に羽のような感触だった、のに。
「よし。少し休憩するとしよう。訓練所に戻って休むとするか…」
 訓練所とはC4のてっぺんにある小屋のことらしい。見た目はただの掘っ立て小屋なのだが、それだけではないのだそうな。
「他にも色々な訓練器具が収納してある。何しろ…ここは基本だからな」

「キャニスタ。一旦帰投する。…キャニスタ?」
 うむ? と首を傾げるドン・ロメロ。
「キャニスタ! 聞こえているのか? キャニスタ!」
 インカムに向かって叫ぶ。が…

『いいいーーーー…やっはーーーーーいいいいーーー!!!』

 という奇声が未来のインカムにも聞こえてきた。これは…やっぱり耳に入ってないな。
「わたしがちょっと行ってきましょうか?」
 ちょっと肩から体を動かしてみたが、少し飛ぶくらいなら問題はないようだ。
「頼めるか? こちらからも呼びかけてはみるが…」
「はい。行ってきます…」
 肩から翼へ力を込めて、ぐん、と踏み切る。C4の緩やかな甲羅から一気に飛び上がる。その甲羅はすぐに小さくなってしまう。

 …その頃キャニスタは…広い道に出ていた。森の中を通る一本の道。そこへ小さな黒い鳥が追いついてくる。
「ねえ」
 その黒い鳥に話しかける。
「おっきなみち、だね」



chapter4 scene45へ

©2011-2018 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: 篝火幻灯, なまらファクトリー,信天庵


ネット小説ランキング:curious に投票
クリック↑するとネット小説ランキングのサイトへ跳びます。




「curious」Topへ TOP ページへ