…はうっ!

「…あー、起きた起きた。このみー、この子やっと起きたよー?」
「あらあら。このまま寝ていれば余計なことまで知らなくて済んだのにねえ…ざ・ん・ね・ん」
「その余計なことを教え込もうとしてたのはどこのどいつだよ、ったく」
「そう恨み言ばかり言うものではなくてよ、くすし。…あら、本格的にお目覚めね?」

 …えーと…

「誰が恨み言だ、ンなこと言ってねーだろーが」
「それはもういいじゃないの。さ? 起きて? それとも永遠におねむ?」
「バカなこと言ってんじゃねえっての。…さ、起きな。頭は? やっぱぼおっとしてんのか? 手足は…動くか? きちんと?」

 …てあし

 か・くん、と頭を下へ向ける。…横になっている、自分の体。手、足…が見える。別に変わったところは何もない、ように見える。
 右手を、右のてのひらをじっと見てみる。
 …これは…わたしの…て。
 それは間違いない。見慣れている…そんなにじっくりと他人の手を眺めたことなんかないけど…これは、自分の、手だ、ということはなんとなく分かる理解できる…ような気がする。その手に繋がっているのは…わたしの…からだ。そう、ここにはわたしのからだがある。黒い羽や短い脚ではなく…わたしの、体。
 …えっと…えっと…わたし…。

「はうっ!」
 飛び起きる。後ろを向こうとして、思い切り首を回そうとして、いや、そんな必要はなかったはずだ、自分は結構後ろまでが見えていたはずだ…とかそんな風に体が錯覚しているのか回しながら無意識のうちに首を止める、いやでもしかしなんかやっぱり後ろがよく見えないぞ、と…。
 何も知らない人が見たら、この子はなんで首を回そうとしながらそれを何度も止めているのか、不思議に思えるだろう。でも当人はその困惑が当たり前のような感覚になってしまっている。どう動かしていいのかよく分からない、覚えていない、ような?
「やっぱり混乱してるな、まだ」
「旅人の初渡りね、まるで」
「そんなもんだろ、大体こいつはいきなり過ぎたんだよ。条件渡過とは言えいきなりだもんな。それが本当の意味での自力渡過をやっと経験できたんだからな。…よし、思い出せ」
 どすん、とベッドの端に腰を下ろして未来の肩を、がし、っと力強く掴む。そして自分の顔の方へ強引に向かせる。
「これが見えるか?」
 指を一本、人差し指。
「え、あ…はい…」
「よし」
 そして他の指を一本ずつ、一本ずつ開いていって…

 ぱんっ!

 開いた両手を打ち合わせる。乾いた音が未来のすぐ目の前で耳から顔から体内へと響いていく。
「…はう…」
「目が覚めたか? もう一発…!」
「えと、あの」
 なんとかできる限りの笑みを浮かべたつもりだったのだけど。にへら、と曖昧な笑顔にしかなっていない。
「だいじょぶです…」

「命が尽きたのね」
 いきなりなことを言い出すこのみ。
「もちろん『あっち』での話だぞ、分かってんだろ?」
「は、はあ…」
 …そう言えば命数がどう、って…。
「命が尽きたら行動不能。バン・ハンドルの特徴の一つね。…まあ、新兵ならそんなものでしょうね」
 …新兵、かあ…。
「相手のツラくらい覚えてんだろ? トドメ刺してきたやつの?」
「えっと…」

 たしか…銃では無理で、どうしよう、とか思ってたらいきなり相手方のロボット?みたいなのがなんか武器っぽいの振り下ろしてきて…
「顔までは、ちょっと」
「ははは、そんなもんだろうよ」



chapter4 scene48へ

©2011-2019 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: 篝火幻灯, なまらファクトリー,信天庵




「curious」Topへ TOP ページへ