「でもなんでそんなことまで知ってるんですか?」
 渡るための条件、とか、だいいちぎ、とか…。
「それは…ナ・イ・ショ」
「でもでも、その、わたしに手助け、とか…」
「まあ、なんだ」
 体の下から前へ引っ張り出すように椅子から離れるくすしさん。大きく、大きくのびを一つ。
「色々あるってこった。細かいことは…まあ、気にすんな」

 …気にすんな、って言われても…。
 気にならないわけがない。そもそも自分がなんでバン・ハンドルに渡ったのか、その辺も分からない(尋ねてみたらやはりはぐらかされた)。初の自力渡過おめでとー、みたいなこと言われても、こっちもよく分からない。
 …特に何も考えてなかったし…。
 池に飛び込んだ…突き落とされたとも言う…その時自分が何を考えていたのか、一体に何を思って飛び込んだのか。それすらも分からない。何も考えてなかった…? だから渡れた…? ううん、そんなことはない。何か…何かが頭の中にはあったはず。
 その「何か」が分からない。

 帰りの電車の中。時間が時間だからもちろん混んでもいないし、かと言ってがらがらでも…いや、ぽつぽつと座席が埋まっているくらい。
 …本当に時間、経ってないんだ。
 来た時とほとんど変わっていない状態。来た時と同じようにドアのそばによりかかっている自分も、いる。

 家に帰ってみると。…やはり何も変わっていなかった。見た目も何も。

 時間が時間だから自分一人しかいない。先守は何か友だちと約束がある、と言って(もちろん阿多根先輩ではない)出かけているし、明夫は明夫で「週末は週末で練習だぜい!」とか言って学校に部活しに行っているはず。近いうちに大会があるのだそうな。だからしばらくは家事当番から外れている。
 羽佐人は休日出勤とのことで…代わりにそのうち平日の休みがもらえるらしい。
 何も変わっていないのだが、未来は家の中で一人である。
 …どうしよっか。
 真記やかしこに連絡してまたどこかに遊びに…と思ってもなんだか時間が時間だったりする。お昼は過ぎているし、明日通学途中からも学校でも会えるし、今から電話、というのもなんだかなあ…。

 そこで電話が鳴る。一人だけの家の中で。

「はい…福田です…」
『あー、みーちゃん? あたしあたし』
 まるでどこかの詐欺である。
「みー…くん?」
『そ』
「どうしたの…?」
『うちのジジイがね、ちょっち電話しろって。なんだかね、えっとねー…あー、めんどい! 自分でしゃべってよ!』
『なんじゃなんじゃ折角こっちが相手に不審感を抱かれんように気を使ったってのに』
『ああー??? ふしんかんー??? この時点ですでにそんなもんばりばりだってぇの!』
『つれないのう、怖いのう』
『今さらかわいそうな老人のふりなんかすんなー!!』

 受話器の向こうから二人分の声がきちんと聞こえる、ということは阿多根先輩の後ろでゲンゾーじいさんがわめいている、とかそういうことではなさそうだ。
「あの…」
『こっからはジジイから直接聞いて! はい! 自分で言って!』
『全くこの孫は…のう? キビシイのう、あんたもそうは思わんか?』
『そんな話しに電話したんかー!!』
「…あは」
『笑われてるぞ、おーい、どうすんだ! ジジーイ!!!』

『まあ、それは置いとこうか。…渡れた、みたいじゃな。きちんと』
 いきなり口調も何もかも変わるのである。



chapter4 scene52へ

©2011-2019 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: 篝火幻灯, なまらファクトリー,信天庵




「curious」Topへ TOP ページへ