「いえ、あの…」
「ここにはよほどのことがなければ近づくな、と伝われているはずだ。お前はまだ二カ月ほどなのだろう? それを得ていないはずはないのだが…?」
 やばい、なんかバレたか…と思ったのだけど。
「まあ、いいか。俺も五カ月を過ぎたくらいだからな。この間やっと包(ほう)を受け取ったばかりだ。しかしまだ受け取ってないお前らには色々なものが珍しいのだろう。こういうところへ来てみたくなるのも仕方ない、というものだな」

 …包(ほう)って何だろ。
 そうは思ったのだが。

「あの」
「なんだ?」
 見た目ほどには怖くないのかな…と思ってみたりする。優しそうな目をしているし。…とは言っても黒い、本当に黒い濡れたようなまん丸の目玉だけがそこにはある。胴体の横に二つ。それはどこを見つめているのか、どこを見ようとしているのか…そういうのも全然分からない。何せ目玉二つは胴体の端に付いていて、「あっち」の人間のようにくるくる動いたりもしない。
 ただ…見つめてくるだけ。
 いや、そういう挙動をしているのかどうかも分からない。どこに視線や目線を置いているのかすら分からないのだから。でも…
「どうした?」
 軽く腕を組むような姿勢。…ちょっと長めの吸盤だらけの脚だか腕だかを、ちょいと絡めるように、そしてそこへあの半透明の甲を置いてみたりして。…少なくとも悪意はないんだろう、と未来にもそれは分かる。年長者が幼い子供に…少し、ちょっとだけでも己の知っている何かを指し示してみようと、そんな…優位感というほどでもなく、優越感ほどのものでもなく。
 ただの親切からの…柔らかい態度。

 これが例えば小学生の低学年ほどの女の子が道端で泣いていたら。しゃがみこんで、何も顧みずに一生懸命泣いていたら。未来でなくても「どうしたの?」と声をかけたくなるだろう。いや、実際には声をかけなくても。心の中ではそう思ってしまうだろう。そんな感覚を感じているのではないだろうか…彼は、と思われる…。
「その」
「うむ」
「ここに、あの、その、えっと…黒い…」
 ぐ、と腹に力を込める。ここで踏ん張らないと何のためにこの世界に渡って来たのか分からない。ガーフがここに渡れ、と言って来た理由。それは…七咲くん。ここにいるんだ。あるいは確実な証拠があるんだ。それ以外には、ない。
「黒い、あの、鳥…あくまがここにいるって…」
 それを聞くと、少し上を向いて…大きく息を吐く。
「はあ…」

 息を吐く、と言ってもニンゲンのそれとはちょっと違う。たくさんの脚の間にある口から、しゅー、とも、ふー、とも聞こえる鋭い口笛みたいなかすれた音が漏れ聞こえてくるだけなのだが。
「町ではもうそんな噂になっているのか…機密とはモロイものだな。なるべく皆には知られないようにしていたのだが」
「いえ、あの、知り合いから聞いたので、その…そういうのとは違います」
 機密? 何が…?
「そのし、知り合いは、その、えっと…」
 なんか、なんか言っておかないと、きちんと、したことを、でないと困ることになる…七咲くんが
「結構、色々、とってもよく色々知ってるんです、だから…キミツがどうとか、そういうのとは関係なくて、その、えっと、町ではみんな、多分そういうの、知らない、と…」
「良い知り合いを得ているようじゃないか、うん、それは…いいな」
 …え
「良き知り合いは今後においても宝だ。大事にするといい。…しかしあまりに過剰な機密漏えいはちと困るな。パニックが引き起こされかねんしな。…どうしたものか…?」

「わ、わたし、会います、その…あくまに」
「…危険だぞ? こちらとしてもようやく捕縛したくらいだ。空を飛ばないあくまなど初めてだったしな」
 …そっか、うん、やっぱり…。
「いえ、あの、その知り合いにうまく…そう、うまくやり過ごす方法を教わってるんです、だから…うまく、やれます、多分」
「しかし…」
「心配なら、その、他のひとも一緒でいいです。あなたも、もちろん。…会います、いえ、会わせてください。その…くろいあくまに」
「うーーむ…」



chapter5 scene15へ

©2011-2020 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: 篝火幻灯, なまらファクトリー,信天庵




「curious」Topへ TOP ページへ