あ、わたしのことか、と集まる視線を感じてどきどきしてしまう。
「では。…いいかね?」
「は、はい…」
 大きなドアがゆっくりと開かれていく。重そうな扉。いや、実際に重いのだろう。どれくらい重いのかよく分からないけど…?

 開いたその瞬間、未来は自分の身体が一気に変化したことを感じた。血液が一斉に逆流したような、脳に集まっていたそれらが足元に向かって流れ落ちていったような。
 小さな部屋になっている。仕切りのように鉄格子があって、その奥には一羽のペンギンがいる。そこまでは見えた。もう一人イカの人がいて、その人と何かを話しているような、そんな風にも見えた。ただし閉じ込めれられてはいるけれど、そんなにがんじがらめではなく、どこかだらけたような…
「お、おい!」
 しかし未来はそこまでしかはっきり覚えていない。あとは…霧の中をさ迷っている、ような…?
 未来のその姿。一瞬にして黒い鳥…あのクチバシの平べったい小鳥の姿に変わってしまった。そして自分の中での最速で見張りらしきイカの人を突き飛ばし、鉄格子にかわすように中へ飛び込んでペンギンをくわえて一回転、文字通り飛び出していく。

 …これじゃ、だめだ。

 口が重い。

 …もっと、もっと、強く飛ばないと…速く飛ばないと…

 口元で何かが動いている…

「何あれ! あの子、黒い鳥だったの?」
「…仲間、ということかな…?」
「いや、分からん。分からんが…」

「止めるぞ! あいつを連れて行っちまった! 外へ出すな!」

 …これじゃ、だめ…
「…福田さん? 福田さん…なのかい?」
 …もっと、もっと…強く…速く…
「福田さん? 僕だよ、七咲だ、僕だよ? 福田さん?」
 …もっと…もっと…もっと…もっと…もっと…もっと…!!

 階段は上へ上へと伸びている。その狭い空間をクチバシの広い鳥がペンギンをくわえて上へと飛んで行く。が、明らかにサイズが違い過ぎる。ペンギンも小さいとは言え、このサイズの小鳥が口でくわえたまま長く飛ぶことはできない。実際、どんどんスピードが落ちていく…
「いたぞ!」
 イカの人たちも負けてはいない。律儀に階段を上るのではなく、壁づたい天井づたいに触手で器用に登ってくる。
「逃がすな!」
「福田さん…」
 …もっと…もっと…もっと…もっと…もっと…もっと…もっと…もっと…!!!!

 みしり、とその身体から小さな音が聞こえるような気がする。
 当の未来は…何も感じていない。感じているのは分厚い霧の中。ぼんやりとしか前が見えない。音も聞こえない。でも何かを持って…いや、くわえて…走って…いる?

 …もっと!!!!!

「福田さん…翼が…」
 小鳥のようだった小さくて短い翼は、みしみしりときしむような音を立てながら見る見る大きくなっていく。それは本来の未来の身長なぞ軽く超えてしまいそうなほどに。そしてそれに伴って身体も長く、大きく、頑強に。そしてクチバシも大きく、鋭く。
 くわえていたペンギンを、そっと足で抱え直す。その足には大きく曲がった爪。
 …もっと…

 だがその大きな姿は狭い階段では逆効果となる。十分に翼を広げられず、頭から前のめりに身体を丸めながら段にぶつかってしまう。なんとかペンギンを守るような体勢ではあるが、もう…飛べない。
 イカの人たちが集まってくる。触手に甲を構え、じりじり、と。

『しゃーないねえ…』
 そんな声が聞こえた、ような気もする。恐らくイカの人たちには空間に突然銀色の輪っかが現れてヒトの手が伸びてきたのが見えたのだろう。そしてその手は、むんず、と黒い大きな鳥とペンギンを引っ掴むと…軽々とその輪っかに引き込んでさっさと消えてしまった…。



chapter5 scene18へ

©2011-2020 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: 篝火幻灯, なまらファクトリー,信天庵




「curious」Topへ TOP ページへ