「ここね」
『ああ』
 そのD物置のドアの前。銃器などは持っていないし、持つ気もない彼女だから(こういう場所で撃つとぶっ放した方がとんでもない目に遭うことが多いので、マニアでもない限り持ち歩くことは少ない)何も持たずにそっとドアに耳を近づけてみる。が…何か聞こえるものでもない。
「ポルカ?」
『…どうやら寝ているようだな。こちらに反応する様子もない』
「…寝てんの?」
『ああ』
 と、マズルカが思い切りドアを開ける。引き戸になっているから真横に引く形なのだが…その勢いで浮きそうになったりしている。
 ドアを開けると自動的に明かりが入るようになっている。一斉にともって中を照らし出す、明かり。浮かび上がるように見えてきたのは…無数のベルトで乱雑に壁や床に固定されて袋に入った…箱のかけらやらもげた取っ手だのヒモの切れ端だの。梱包や移送の際にどうしても出てしまう、平たく言えば「ゴミ」である。
 惑星上ならきちんと分別して清掃局の回収車に渡してしまえばそれで問題も何もない。が、軌道上や惑星衛星間などの空間に放り出すのはとびきりの違法行為になってしまう。軌道上でいらなくなったものを処分する、というのは実はかなり難しいことではあるのだ。惑星上と軌道上を往復する宇宙機なら降りた時に地上で捨てればいい。しかしタイニィビートのように軌道上でしか活動しない機体の場合は…専門の業者を呼んで廃棄してもらうしかない。当然かなりの額取られることになる。だから、惑星上に降りる知り合いに頼んで運んでもらったりすることもある。
 …少しでも重量減らしたいんじゃなかったのか? とそういう正論の突っ込みを入れたいところではある。しかしまあ、マズルカの性格からして一度でもそういう廃棄活動?をやりそびれると、ご覧のように延々と捨て損ないがたまっていってもおかしくはないような気はする。全く難儀なものではある。
 そんな物置いっぱいに固定されまくってあふれんばかりに詰め込まれている袋の間にはさまるように…子供が一人。横になって眠っている。…女の子のようだ。
「………」
 そっとこわごわ顔をのぞきこんで見ると…ぱちりと目を覚ました。
「あ…おふぁようごじゃいますう…」

 タイニィビートでは起動中以外に椅子を使うことはほとんどない。これがさっきも言ったような与重力装置でもある大型艦ならもちろん話は別だが、この程度の宇宙機なら通常の業務中に椅子など使うことはまずない。大抵壁を蹴って移動するか浮かんでいるかのどちらかなので、座っているヒマはない、という声もあるにはある。
 それでもどういう形状であれ、軌道上を移動する機体には座席の設置が義務付けられている。実際使わないわけではないのだ。軌道上を移動する時は体勢を安定させておくために椅子に座ってシートベルトをしめるし、タイニィビートではまずあり得ないが大気圏に突入する時は当然椅子にでも座っていないとどこへふっ飛ばされるか分かったものではない。
 操縦部には椅子が二つある。機長席と操縦士席。だが、マズルカしかいないこの船では機長席に彼女が座るくらいだ。そのとなり、いつもなら空いてる操縦士席に、ちょこん、と座っているのが『密航者』だった女の子だ。
「…名前は…エイブラ?」
 首からヒモで下げてあった顔写真入りのIDナンバーを記したカード。そこに記されていた名前だ。なお、普通なら所属名が記されているはずなのだが…そこは空白になっている。何かの事情、例えば見学などで軌道上の施設を訪れたりした場合にはよくあることである。
「はは…まあ、そういう名前なんです、はい」
「どこからって…まあ、惑星上の軌道ステーションからね。いつの間に潜り込んだの?」
「それは、その…へへ、まあ、いいんじゃないですか? ここは一発どかっと第二衛星に向けてかっ飛んでいくってのは…」
 どうにも曖昧な笑みを浮かべるエイブラのえりを、ぐい、とやはりこちらも笑顔で持ち上げるマズルカ。ただしその笑顔はどうにも引きつっている。
「あのね。ここは商売でやってる船なの。タダで乗ってきたやつ乗せとくほどの余裕もないの」
 もちろんエイブラの足は床についていない。例えばここでマズルカが軽く上へと向けて彼女を放り投げれば、自分の意志で止めようと思わない限りこの小さな体は配線だらけの天井とやや汚れている上にごちゃごちゃとした床とを永遠に往復し続けるだろう。…もちろんそんなことするつもりはないが。

「ここで放り出すってわけにもいかないんだけどね…」
『ああ。そうだな。お嬢さん、良かったらわけを話してくれないか? どの道あと五日は飛び続けなければならないのだから』
 右手で宙吊りにされているような状態。そんな中、エイブラがじっと視線を下にやる。マズルカの左腕を見ているようなのだ。
「……」
「気になるの? これ?」
 ふう、とため息ついてその体を操縦士席の中に落とす。
「フォルス…フォー…」
「何だって?」
「何でもないんですわのよ、おほほほほ」
 なんだか不自然ではある。


The 0 Day page11へThe 0 Day page13へ

「マズルカ・マズルカ」Topへ TOP ページへ