「おあよ〜…」
 操船部はコクピットへとふらふら漂い入る。窓の外はやはり漆黒の空間が広がっているのだが、軌道上時間では立派に朝である。もっとも、昼だって夜だって窓の外の光景に変わりはない。
『お早う。なんだ、今朝はずいぶんと早いではないか』
 ポルカはずっと例のくぼみにいる。別にマズルカが回収し忘れたわけではなく、いつものことでもある。緊急時以外は夜寝る前にここへ放り込んでおくからだ。
「あら。おは…」
 と、問題のエイブラがこちらを振り向く…。
「なんて格好してるんですの?」
「…え?」
「いや、あの…服くらいきちんと着たらいかがかと…」
 言われて半分死んだ目で自分の体をぺたぺたと触って見回してみるマズルカ。…何かが足りない。
「あー…下着しか着けてねーや…はっはあ、こりゃあまいったなあ…」
 と、左手で天井を軽く突くと、そのままUターンして行くのであった。着替えを取りに行くのだろう。
「まさかいつもこう、とか…?」
『日によるな。寝起きがしゃっきりしないのはいつものことだが…今日は何か着てるだけ、マシだろう』

「さて…と」
 着替えも終了して、エイブラとポルカ?のやや冷めた視線も受けつつ…はっきりしてきたような顔で機長席に座ってみたりする。別に座ったりしなくてもいいのだが。実際、エイブラは天井に足をつくような格好で浮かんでいたりする。
「どぞ。コーヒーですのよ」
「ああ、ありがと」
 無論のこと惑星上のようにカップに入って湯気の立ってる香り高いコーヒーではない。外へ逆流しないような特殊な口金を付けたチューブ。そのチューブの柔らかい部分を手で握りつぶすように力を込めながら口の中へやや粘っこくなってるコーヒーを流し込むのである。これは機内に専用のサーバーがあって、そこへ口金を接続することでチューブ内へとコーヒーが送り込まれる仕組みになっている。電子レンジで加熱すればホットで、そのまま飲めばアイスである(普通の飲用水もあるにはあるのだが、やはりサーキュレーター付近で特殊なストローで吸って飲む決まりになっている)。
 …味気ない? さっきのシャワー同様水分を辺りに撒き散らすわけにはいかない宇宙機内ではこういうやり方は当たり前のことになってしまう。…与重力装置の完備している大型の軍艦や豪華客船なら惑星上とほぼ同じ生活ができる。が、こういうちっぽけな船では食事も半練り状に加工された食品か、固形でしかも細かいクズが散らないように製品化されたものになっている。こちらは別にチューブに入っているわけではなく個別に包装されててやはり電子レンジであっためて食べる、の、で、あるが…。
「って。なんであんたが当たり前な顔してここにいんのよ」
「いけませんか?」
 目をぱちくり。
「いけないっつーか…なんかさ」
『何。色々手伝ってもらってたのだ。まさか永遠に居住区に押し込んでおくわけにもいくまい?』
「そりゃそうだけど…」
 ぐぐっとコーヒーを喉の奥へと流し込んで、チューブを所定の位置へマジックテープで固定する。このチューブは消毒殺菌系の微粒子洗浄を経て何度も使われる。そもそもこのタイニィビート号でこういうモノを使うのは一人しかいない予定なのでそれほど神経質にならなくてもいい、のかも知れないのだが…。
「なんか増えちったのよねえ」
「何か?」
「…いんや、何でも」
 食料は余裕があるはずである。水も…どこかで不具合が出るかも知れないがどうにかなる。これが第一衛星に向かってる途中だったら逆に色々切り詰めないといけなくなるところだったりする。軌道上から惑星衛星間航路の全てを取り仕切る「軌道交通法」では惑星衛星間を航行する場合には予備の食料や水を常備することを定めている。ベルファの監査項目にもその事項はあるから…無事に通ったということはタイニィビート号には第二衛星に向かう日数分の倍、積んでいるということになる。予定は五日だから十日分ということになる。なお、帰りの分は行った先で購入して行きの分と同量積むのが普通である。
 惑星から軌道上に向かうならそういった備蓄は必要ない。最速で一日半、タイニィビート号などの貨物運搬船なら丸々二日はかかる軌道上から第一衛星に向かう場合には三日分の食料や水を積み込んでおかないといけない。…ただ、当たり前だがこの「○日分」というのはその時に乗り込んでいる乗員の数によって変動してしまう。普通の貨物運搬船なら二人乗り込んでいるのだが、タイニィビート号は実質マズルカ一人分だからその半分でいい。ポルカは植物のように光を浴びることで自分に必要なエネルギーを作り出せるシステムを持っているから食事や水は必要ないのである。

 …第一衛星だとねえ…一人分を半分こだもんねえ…。
 三日分を半分にして二日で消費するのと十日分を半分にして五日で消費するのと。どちらが過ごしやすいだろうか、という話である。


The 1st Day page1へThe 1st Day page3へ

「マズルカ・マズルカ」Topへ TOP ページへ