『今までは一つだけだったのよね? 送られてきたのって』
「えー…あはは」
 ちら、とポルカの方を見るマズルカ。
「今まで三つになったことあるんだけど…」

『ば、な、それ早く言いなさいよね!』
『顔が赤いぞー名探偵ー』
『うっさいわね。じゃ、じゃあ…それを全部結合したこともあるってんでしょ?』
『はーい、せんせー、そんなのちょっと考えれば誰でもわかると思いまーす』
『じゃかあしいわ! ちょっと黙ってないとその舌引っこ抜くわよ!』

「楽しそうね、ケリーってば」
『忙しかったんだろう、ここのところは』

『だから…ああ、もう、そういうソフトが前にも送られてきたんでしょって言ってんの!』
「そふと?」
 そんなんあったっけか。
『あの時は結合はしていない。それぞれに別々の意味があったようでな』
『意味?』
『まだ全部は解明されてないがな』
「毎回毎回解決方法が違うのよねー…うざったいことに」
『それよそれ!』
 本当にモニタ向こうの何か、もしくは誰かに喰いついて噛みちぎってきそうな勢いである。上気しきった紅差した顔がどアップになって…がんがん迫って来る。思わず身を引いてしまう二人。
『前にやってない結合ってことで今回は決定ね! それで…そう! 結合ソフトが送られて来るのを…待てばいいのよっ!』

 …なんかスゴイこと言い出したぞ。
 というのもケリーとマズルカの共通した思いだったりする。探偵やるんじゃなかったんかい、これじゃただの思いつきしゃべってるだけで推理も何もねーな、というのも共通してるだろう。
「これまでのケースからすると…ねえ?」
『そうだな。アリモノで間に合わせることばかりだったな』
『毎回毎回違うんでしょ? だったら今回は後から送られてくるのよ! 間違いないわねっ!』
 …その自信はどこから来るんだ…。
『ねえ名探偵。根拠は? 後で送られてくるって?』
『勘よっ!』

 …言い切りやがった。
 探偵が『勘』とか言っちゃったらそれで全部終わるよなー…と。
『…提案。いい?』
『あによっ!』
『その前にさー…送られてきたファイル、くわしく調べてみた方が良くない? 怪しい物品の調査がまず先だと思うんだけど…捜査の基本、みたいな?』
 ケリーの言う通りではある。なぜ今までファイルを調べなかったのだろう? 答えは簡単である。いつもキツイこと言うどっかの機長がいきなりわけ分からんこと言い出したからである。建設的な話にはなりそうもなかったのだ。その機長は『し、しかたないわね!』と、しぶしぶ従うようではある。

 改めて送られてきたファイルをそれぞれの船でモニタ上に置いてみる。書庫なのは間違いない。
『悪意あるプログラムは今のところ見当たらないな』
 ポルカのスキャンだから信用はできる(位置関係的にもオンラインでリアルタイムにポルカが他船のファイルをスキャンできる)。ただし100%ではない。
『形式もごくごく普通ね』
「解凍する分には問題ないけど…」
『は! 甘いわね…この手のファイルにはトラップが付き物なのよっ!』
 鼻息で自分自身を後ろへ跳ばせるんじゃないだろうか、この毒吐き機長。

「…なんでそんなにテンション高いかなー…」
『楽しいからなんじゃない?』
「まあ、ヒマつぶしにはなるけどさー…ねえ?」
 正直、ちょっと、いや大分持て余している。


The 6th Day page9へ

©2007-2017 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: WindSeeds, blue-green, 信天庵

ネット小説ランキング:マズルカ・マズルカに投票
クリック↑するとネット小説ランキングのサイトへ跳びます。


「マズルカ・マズルカ」Topへ TOP ページへ