もちろんこれはアンヘラの手である。録画作業を手伝っていたのだろうけど…?
「…何かありまして?」
 なんだなんだ、とエイブラ。珍しく?考え込んでしまっているマズルカのところに泳いでいったりする(なお、当人は腕を組んでやや難しい顔をしたままくるくる回転していたりする)。
『どしたの?』
 なんだかんだとモニタ越しにエイブラの相手をしていたらしいセラも注目し始めた。
『なんか…あったの?』

『…誰かが事務所にいる…?』
『あそこで動けるのってジルバだけのはずでしょ?』
「そーのはず、なんだけどなあ…」
「もう一度再生してみません? その見えてた手、というのも見てみたいですし」
 と、いうことでもう一度再生。これは共用の回線を使うので、三船同時に視聴できる。距離的にタイムラグなんかないようなものなのだ。
『それと、ジルバが資料探してた辺りも。…少しボリューム上げた方がいいかな』
 ジルバが一旦半身をフレームアウトさせた辺りである。
「なんで?」
『ま、カンみたいなものね。何か拾えるかも知れないし』
「そうね。やってみよっか…」

 少し、ノイズも拾ってしまう。やや耳障りな…空気を爪で引っ掻いたような、かすかな音と共に、小さな話し声も拾う。
『…えと、こっちのあれか…』
『いえ、こっちですね』
 女性の声である。低い、落ち着いた女性の声。

 その声はその時それだけで後はジルバの説明が続くのみ。やがて録画は終了してしまう。

『サルサじゃないの?』
『可能性はあるけど…さっきの手と言い、この声と言い…ジルバの他に誰か人間のような存在がいるってのは間違いないようね…』
『なんでこっちに黙ってるのよ?』
「さあ…何だろうね…?」
『マズルカ。あんた他人事みたいに言うけどさ…』
『セラ』
 静かな、ケリーの一声。
『これはマジーたちビートエクスプレスの問題よ? 部外者の私たちがどうこう言える問題じゃないわ』

『本当に何も知らないのね? マジー?』
「うん。軌道上に上がる前にもその後の定時連絡の時も何も言ってなかったし…ねえ、ポル…?」
 キャビンをぐるっと見回す。
「カ、はいないんだった。うん、何も聞いてないなあ」
「こちらから尋ねてみるのはいかがですの?」
 最もな意見である。宇宙機と惑星上の間で隠し事は基本、ナシである。そうでないと信頼関係なんか築けない。…が、逆に言えば
「本当は何か危険な状態にあるのかも知れませんわ?」
 エイブラの目を見て…ちょっと、考えるマズルカ。よほどの事態に陥っている場合ならこういった「隠し事」もあり得る話ではある。

「…いや、いいや。特にこっちからアクション起こす必要もないっしょ」
「お姐さま…」
「ジルバの様子が普通すぎんのよ。何かちょっとでも妙なとこがあればなんか考えるけどね。でも…ああフツーにやられちゃあ、ね。時期が来ればあっちから話があるんじゃないかな? それまで待つ、ということにしとこ」

 機長のマズルカがそう言うのなら…ということになる。その直後から分解されたサルサの受信が始まって…最初は汎用の暗号で送ってきてたのだが、少しずつ怪しい要素が入り始め…ついにはマニアックな暗号(古代史の文明とか絶滅した古代生物の習性とかをネタにしたやつとか)になってきたのでエイブラがついにぶちキレて結局は三船の総員でもって解読にあたる…ということになってしまった。

 それでも、まあ、なんとかサルサ(ただし一部だけ)の結合に成功したのだが…。


The 6th Day page17へ

©2007-2017 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: WindSeeds, blue-green, 信天庵

ネット小説ランキング:マズルカ・マズルカに投票
クリック↑するとネット小説ランキングのサイトへ跳びます。


「マズルカ・マズルカ」Topへ TOP ページへ