「…あれ?」
 ぐるりと辺りを見回すセラ。
「え? なんで? なんで…寝たりしちゃったのかしら…? ちょ、ミヒャエル? あんたまでなんでこんなとこで寝てんのよ?」
 すぐ隣には何とも幸せそうに緩み切った顔のミヒャエルが漂っている…。
「…えっと…何だったっけ…何か…すごい大事なこと…」

 なんだったっけ…何をやってたんだっけ…?

「他愛ないものじゃ。まだまだ正体を晒すわけにはいかんでのう」
 回線を操作。他船との接続を一時的に掌握する(長くやると他へバレるので手短に)。同時に特定のパターンの光源と特定の音をワイヤ・テラーの船内に向けて流す。人間の睡眠を誘発させるものである。しかしこれも長くは続けられない。ピンポイントでセラたちのいるワイヤ・テラーのキャビンにのみ、ちょうど良い量、流れるよう調整。
「…二人までじゃな」
 この技術は宇宙開発技術開発がまだ惑星上でのみ行われていた頃に研究されていたものである。環境の変化により不眠となった乗組員の救済が目的。この技術は今でも継承されていて「安眠アプリ」や「安眠まくら」なる商品は今でも軌道上でロングセラー商品となっている。が…ここまでの効果はない。せいぜい「コレ使ったから眠れるよなあ? なあ?」という一種の自己暗示にかけるための道具、みたいなものである。
「とりあえず…こんなものでよいか…」
 さらに記憶がぼやけるようにやや強めに調整。もちろん、ワイヤ・テラー側の作業ログもすでに操作してある。タイニィビートの維持のための通信をしていたことにはなっているが…中途で機器の不調により切断した、と、そういうことになっているはずである。

「…ふむ」
 目の前には結合の終わったサルサのかけらがある。
 …ある、と言ってもそれはメインモニタの一角にサルサ本体と同じ翡翠色のアイコンが出現しているだけ、である。そのものが物体として存在しているわけではない。
 作動させてみる…。
「なるほど。起動せず、か…」
 これは単純に結合が終わっただけ、という状態である。模型で言うなら部品の組み上げは完了、というところで…これから塗装やポージングなどの細かい表現方法の模索が必要となる。これにもその模索が必要となる。…ぶっちゃけて言えばシステム管理用として使えるよう、調整…あるいは「調教」していかないといけない。
 魂を込める、という言い方もできる。この状態ではうんともすんとも反応しないのだ。
「このままではイカンな」
 プログラムのソースを表示。一つ一つ、手直しを入れていく。キーボードの上を滑る指先は熟練工のそれと同じ…いやそれ以上である。通常の人間ならまずここまでの速さ・滑らかさでは指が動かない。普段のエイブラでもここまで流麗には動かないだろう。ましてやここは惑星上でも軌道上でもない、無重量空間なのである。力の入れ方が全然異なる空間で…この技量。
「バイパス…接続…」
 重量軽減のためキーボードと言っても光線投影式、実物が存在しているわけではない。柔らかい専用の「台」に使う時だけ投影させてそれを操作している。この「台」は使わない時は丸めてそこらに貼り付けてある。やや厚手のシート、といったところ。
「…駆動域…操作系…感情領域…ふむ?」
 それでもモニタ上に数式と書式が入り混じった文字記号数字列が正に目にも止まらない速さでこぼれ落ちていく…。
「これか、ここで流れが滞っておるのじゃな…小賢しい」

 ぽん、とキーを押して(かたかた、とかそういう音はしない仕様)しばし、考える。
「ふーむ…」
 別のウィンドウをいくつか呼び出し…さらにキーボードを操作。…実は入力装置というのは他にもある。簡易ヘッドマウントディスプレイとでも言うような、メガネをかけているだけのように見えて実は視線を感知して操作、さらに指先だけの手袋、といった様子の装置を装着すれば別にキーボードはいらない。
 しかし場合によっては形式の古いデバイスを扱う可能性もある。そのため、キーボードやマウスといった古い入力装置を設置するのは、まあ、慣習といったものになっている。エイブラは…「今」のエイブラも…なぜかこういった古い装置の方を好んでいるようである。
「こんなものかの…?」

「どうにもバラバラじゃの。送信のタイミングかそれとも何かの干渉か。いずれにしてもこのデカさじゃ…何もない方が妙、というものじゃ。それでも…ここまできちっとまとめて送ってきよったあの小僧の手腕は認めねばなるまいな」
 これまでのようなスピードではなく…やや緩やかに、今度は楽曲を演奏するかのような、細やかに動く指先。
「いや…それはそうか。そうでないと…意味はない、なあ…」
 と、微かな…笑みを浮かべて見せる。その笑みはおかしい、とか楽しい、とかそういう感情からではないようだ。

「さて、目覚める時じゃ」
 ぽん、とキーを押す。そして翡翠色のアイコンから起動。
『………』
「己が仕事を…やるべきことを思い出すが良い。さて…少々疲れたわい。代わるぞ…小娘ども。後は…任せた」


The 7th Day page2へ

©2007-2018 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: WindSeeds, blue-green, 信天庵

ネット小説ランキング:マズルカ・マズルカに投票
クリック↑するとネット小説ランキングのサイトへ跳びます。


「マズルカ・マズルカ」Topへ TOP ページへ