「…うまくやってるかなあ…」
『連絡、ないですねえ…』
「便りがない方が順調だ、とかそういうことなのかも知れんが…ね」

 言いながら眼前の作業は止めないジルバ。相変わらず複数台のコンピュータの前を滑り抜ける。
「あれだけ苦労されていたのに」
 ちょっと不服そうなアンヘラ。
「まあね。あっちはあっちで忙しいんじゃないの…かな、と」
 一番端で、エンターキーを押し…真ん中で別ファイルを開く。
「そのうちなんかアクションがあるだろう…ね、と」
 もうすでに次の運行計画は始まっている。抱えている案件は常に一つだけではなく、大抵の場合は二つか三つ同時に請け負っておくのである。実際に軌道上からのタイニィビート運用を開始する前にジルバがやっておかないといけないことは、非常に多かったりする。

『でもちょっと気になりますね』
「何が?」
 最近はほとんどビートエクスプレス社に入り浸っているアンヘラは…前傾姿勢でモニタの一部を凝視しながら、ちょい、ちょい、とキーボードに触れていたりする(キーを叩いているわけではない)。
『あちらに送ったわたしは一体どんなわたしなのかなあ…って』
 あくまでもサルサのほんの一部をジルバが取り出して送り込んだだけなので、当人?はそれがどんなものなのかまでを知ることはない。
 …知らない方がいいかも知れないのだが。
「そりゃあ…あなたの一部なんだから、きっと真面目できちんと仕事もこなすんじゃない?」
『えへへ…そうですかね』
「ジルバさん。ああいうのって性格とかも反映されるんですか?」
「…うーーん…どうでしょうね、僕は性能の再構築と経験領域から使えそうなのをチョイスしただけですから…」
 こちらは誰かさんのように一点を凝視することもなく。左右で別々にキーボードをいじりながら天井の方を見上げながら、少し、考える。
「性格、かあ…どうだろうなあ…」

「どんな風にチョイスしたんです?」
 今度は眉間にややしわを寄せて…やはり凝視。実は彼女が今扱っているのは警察関係でもちょっと扱いに注意が必要なファイルだったりするのだが…。
「いや。もう…時間もなかったですし。機能的にも絞り込まないといけなかったですし…」
「忙しそうでしたもんね」
『たしかに』
「ホント必要なものだけ、と言うのはやっぱりなかなか難しいものでしたねえ…」
『わたしもお手伝いしましたけど、あれで良かったんですよ…ね?』
「うん。まあ、あれならどうにかなると思うけどね」

 実際にはデータを選ぶだけでは何も動かない。それをどうやって「動かす」かが問題になってくる。それを運用する「頭脳」的なものが必要になってくる。この辺は人間とそれほど違うものではなく…豊富な知識を持っているだけでも知能が高いだけでも上手く動くものではない。その両方が二つの車輪となってものごとが進んでいくものである。
 ジルバも選び抜いたデータを効果的に運用できるシステム構築に最も苦心していたりする。しかもサルサの場合…ポルカもそうだが…一点物のPCのようなものなので、他のプログラムやアプリの導入がほとんどできない。いや、できないことはないのだろうけど…相性などの不確定要素が多くなってしまう。惑星上や軌道上なら代替のものをすぐに用意したりそのものに手を加えたりすればいいのだが…全てを自前でまかなわないといけない航路上ではそうもいかない。
 マズルカにそういったややこしいことをやれ、と言うのはほぼムリ。エイブラも技術や知識はあるけれどどこまでできるか未知数(もちろんジルバはエイブラの『別の姿』のことは知らない)。そのためかなりの無理や無茶で無理やりハコに押し込んだようなような形になってしまったのだ。
 …だからあんな風になってしまったのか、その辺はちょっと分からないのだが…。

「でも連絡ないのはちょっと困るなあ…修正しておきたいところもあるのに」
『うまく動いてるかどうか気になりますし』
 ちょっと間を置いて
『…姉としては』
「どっちかって言うと双子なんじゃないの?」
 ようやくめんどくさい?キーボード操作を終えて『送信』コマンドを実行できて晴れ晴れとした表情の…アンヘラ。いや、あっち関連の仕事はまだ残ってるはずなのだが。


The 7th Day page7へ

©2007-2018 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: WindSeeds, blue-green, 信天庵

ネット小説ランキング:マズルカ・マズルカに投票
クリック↑するとネット小説ランキングのサイトへ跳びます。


「マズルカ・マズルカ」Topへ TOP ページへ