「ダナーブ渓谷…」
 聞いたことはある。
「あの毒の谷?」
「そうです。セントレランドには珍しい火山活動のあるデイナ山のふもとですね」
 高濃度の火山性ガス…大変危険なガス…にあふれる谷として知られている。天候や谷底の形状が独特で、空気より重いそのガスがたまりやすくなっている。そのためめったなことでは近づいてはいけない谷…「毒の谷」と。
 ただし渓谷というだけあって川も流れている。小さな流れが谷から流れ出ているのだ。もちろんその水は「毒水」扱い。しかし一方で適切に処置して飲むと内臓の機能改善に効果がある、という話でもある。谷には入れなくてもその水を欲しがる人たちもいるのである。…ドリスもその一人だったのかも知れないが。

 そのデイナ山だが。現在はほとんど火山活動が見られないのがこの地方・セントレランド。そんな中で異彩を放つ山である。そして、もう一つ。
「温泉かあ…」
「温泉ですねえ…」
 ふもと付近はちょっとした温泉街にもなっている。もちろん毒水の出る「毒の谷」とは離れているのだが…考えてることは一緒だな、こいつら。ああ…表情が溶けてる溶けてる。よだれを垂らすな。

 …じゅるり。

「…でも、コレ、見つかったのはウェルトランドなんだけど」
「文化というのは面白いものなんですよ」
 丁寧に手紙を巻き直して…ドリスに差し出すルチアーノ。
「全然別の地域で似たような風習が見つかったりすることもあります」
「飛び地みたいに?」
「そうです。…もっとも、人間なんてどこでも似たようなこと考えますからね。繋がりなんか全くないはずなのにどこか近しいこと、思いついたりもしますけど」
「あはは。それ…言えてる」
 おかわりを頼むルチアーノ。品のいいマスターがそれに応える。
「それでも伝播の過程で…と言いますか。どこかで発生した何かの風習があったとして…そういうのは自然に少しずつ広まっていくものなんです」
 新しいつまみが来る。軽くあぶった干し肉と乳製品。いわゆるチーズ的なもの。それまでは煮込み料理を食べていたのだった。
「そこに良いも悪いもないもんね」
 ドリスももう一杯頼む。ちょい強めの酒。
「ええ。悪い風習だから広めない方がいい、とかこれは良いものだから…なんてことは関係ありません。ただただその場で必要か、必要でないか。基本的にはそれだけで広まるか…廃れるか決まってしまいます」

「必要とされた風習はどんどん広まっていくのです。が…それも何かの拍子で途切れてしまう。広まった先では定着して文化にまでなっていても、その途中では忘れ去られてる。そんな例はいくらでもありますよ」
 ルチアーノの頼んだ酒が来る。一気にあおって…ぷ・はー、と。
「でもそれにはあなた方ルートセラーも関係してるんですよね」
「…文化の伝播者、ねえ…」
「あら。聞いたことあるんですか」
「そりゃあ、ね。学者センセイとも結構会うし。あたしらがあっちこっち行くことで色んなもんがあっちこっちに伝わっていく…ってね。でも別にルートセラーじゃなくてもいいんじゃないの?」
 ドリスも来たばかりのグラスの酒を、ちびり。
「もちろんそうです。移動する者なら…何でも。でもやっぱり商売で行き来する人たちが一番異文化を伝えてくれるものなんです…」

「特定の技術者集団、てのはどう?」
「特定、ですか…」
「そ。あんまり知られていない技術を持った集団。でもかなり使える有効な技術を持った人たち。そういうのが移動していって各地で技術を伝えていく、ってのは?」
「アリですね。ただ、集団だとやはり伝播速度が落ちます。しかも道具なんかが必要となるとやはり…」
 と、ふと、考え込む。
「あれは…どうだったかな…あの、さっきの手紙、もう一度見せてくれません?」
「これ?」
 巻いた手紙を差し出す。それをほどいて読み…ふむ、とやはり考え込む。

「魔法使い…」
「え?」
「魔法使いですよ、ドリスさん」

[1-3]へ



©2017 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: 信天庵

ネット小説ランキング:TheRootSeller に投票
クリック↑するとネット小説ランキングのサイトへ跳びます。

「TheRootSeller」外伝6Topへ TOP ページへ