その後、ドリスはアデラから丁寧な手紙を受け取った。…やはりお見合いは流れた、と。
「…でも無効試合ってとこですわね? お見合いそのものが流れたって話なのでしょう?」
「相手もまだまだ若いからね。これからってとこかな」
「さあね、どうでしょうね。これからのことは全然分かりませんわ」

 実はリーゼのところにしばらく厄介になっていたりする。服飾の職人だけあって、部屋には色々な器具や型紙、そして布地がある。それらは全部きちっと整理されてあって…ドリスは何だかノルザムランドはラナー渓谷にある自分の調合所と比べてしまうのだった。…こんなに片付いてないもんなー、あたしのとこ。
「今日は何にしますの?」
「そうだなー、なんか焼こっか」
 ただでお世話になるのも何なので、自然とドリスが食事当番みたいになってしまっている。
「助かりますわ。ついつい外食ばかりになってしまいますもの」
「それもいいけどね、たしかに。それじゃあ…なんか調達してくるわ」
「お願いしますわ」
 リーゼは月ぎめいくら、のこの部屋を借りて住んでいる。二階にその部屋はある。やや古ぼけたドアを開けると暗い通路があって、やはり古いドアがいくつも並んでいる。そこを通って階段へ向かう。階段からは外になっていてここはいつも明るい。
「んじゃ、行ってくるね」
 階段の手すり、最近はいつもここで過ごしているファイーナに声をかけて町の中へと歩き出す。かー、とも、あー、とも聞こえるのんびりした声が返ってきた。

 …さて、どうしようかな…。

 今日の昼ごはんもそうだが、今後についていくつかの情報が出てきたのだった。

 アデラの書状はきちんと?ミラモンテスという一応は格式のある家からの作法に則った分厚い封書と一緒に届けられた。丁寧に包装され、封にも印を押してある豪華にも見える封書と書状を使いの者がしずしずと運んでくる。こういった作法にも慣れているのか、リーゼがきちんと?対応して受け取ってくれた。
「ますますのご健達を、とお伝えください」
「お伝えします」
 使いの者はアデラではなく、まだ幼さが顔立ちに残るメイドで…ややぎこちなく一礼して帰って行ったのだった。…リーゼによるとアデラはメイド長のような立場で、あの子はまだまだ新米ですのよ、と。ノスクルバーグの市民は貴族の内情を結構よく知っている。特にお荷物だの何だのと目立つ貴族の情報は回ってきやすいのだとか。

 さて、受け取ったそれはミラモンテス家からの封書である。それとは別にアデラから個人的に…という意味合いの手紙が添えられていたのだった。
 封書の方には三通の文書が入っていた。一通は報酬に関する手形と委任状。これを所定の金融機関へ持っていけば現金と換えられるのは前にも述べた通り。
 もう一通は…
「あ、これパウカイ獣紙っぽいやつだ。よく見つけたなー、こんなの」
 まさか本物を使うわけにもいかない。だが、あのお嬢様ならパウカイ獣紙「風」のこういった品を持っていても不思議ではない。ただ、便せんこそ立派に見えたのだが…
「なんだかすごい字ですわね」
「まあ、そういう子だからねえ…」
 お礼状、ということになるのだろうか。テオドラ直筆のその書状は…個性的な文字と前衛的な文章でもって完全に理解しようとするとちょっとコツの要りそうな代物である。

 内容としてはありがとう、お世話になった、ノスクルバーグにまた来たら絶対寄ってよね、歓迎するから…などなど。

「…おっかしい」
「好かれてますのね」
「かもね。いい子よ。ちょっと変わってるけど」
「で…最後の一通は何ですの?」
 至って普通の便せんに神経質そうな字がきっちり並んでいる…。
「あ…フォルテウさんか…」

 こちらの内容は時候の挨拶から始まり、お礼へと続いていった。特にミランとの出会いには感謝されている。これまでは一人で古技術の研究を続けてきたが、ミランの人脈を借りることで今後はその内容が深まるだろう…と。そのきっかけを作ってくれたことへの感謝のようである。
「あたしは特に何にもしてないけどねえ」
『そのお礼と申し上げては如何なものかと存じますが』

『クルガ紋様に関しましては手前も図書館にてその実情を垣間見たものでございます。もし詳細をご所望でしたらニンダスへ向かわれてみては如何でしょうか、調査当時にお手間をお借りしました司書の御名を記しましてお別れの挨拶とさせて頂きます』
「セドナ・マイス・リドル」

 …うーん…どうしよっかな…。

[1-54]へ[1-56]へ


「TheRootSeller」外伝6Topへ TOP ページへ