しかしヴェーラ村に向かう前に行っておくべき場所がある。…ドルーセンである。

 シポルニアス王国の首都ノスクルバーグ。つい先日までドリスがいた町でもある。
 ここは言うまでもなく大陸随一の大都市であり…たくさんの人が住んでいる。その中には色々な人たちがいて、色々な事情がある。その様々な情景を呑み込んでいるのがこの大都市だが、その全てを呑み込めるわけもない。そこでいくつかの「衛星都市」が周囲に存在している。それらはそれぞれの役割でもってノズクルバーグの様々な事情を少しずつ分担している。
 例えばカラカケという町がある。奇妙な名前だが、どこかよそから来た技術者集団が興した町、とも噂されている。
 この町のウリは「陶器」である。ノスクルバーグで扱う雑器から陶芸品まで、種々の陶器のほとんどはここで生産されている、と言っても過言ではない。町中には無数の窯が並び、それぞれが発する熱で冬すらも暖かい、という話がまことしやかに伝わっている(実際には窯同士はかなり離れて構えられるのが通例のため、そんなことはない)。
 それでも陶器産業の一大拠点であることには違いない。シポルニアス王国内だけではなく他地方からもそれ目当ての商人や客がいつも買い付けに訪れていたり、職人も多数住んでいたりと、非常に活気あふれる町である。

 それとは対照的なのがドルーセンである。…あまり人気のある町ではない。むしろ…敬遠されることの多い町である。

 そもそも入り口が分からない。ノスクルバーグからの道はもちろんある。が、この道がやたらとうねうね曲がりくねっている上に橋を何度も渡らされる。しかも川の上でも何でもない、陸橋がほとんど。設置した者の悪意すら感じるような道筋である。…近道? あるにはあるがこれがドブの中やらハーケンイバラの広大な群生地の中やらを通らされる。やはり悪意に満ちているのに違いはない。
 いざ町の入り口に辿り着いてみると…。
 周囲をぐるりと谷に囲まれているせいか、薄暗くうすら寒い印象をまず感じるだろう。入り口に衛兵が立っていることもなく、制止されることもなく中に入ることはできる。できるのだが…入った瞬間からどうにも妙な感覚を感じる者も多いだろう。

「…ふう」
 正直なとこ、ドリスもあんまり頻繁に来たくはない町である。しかしここにはここの良さ…むしろ利用価値がある。
「相変わらずやねえ」
 あちこちから視線を感じるような気がする。これが明らかな害意なら…ここで回れ右して一生この町へは近づかなければいい。それが賢明というものである。
 …しかしここで感じる感情はそういうものではない。無論のこと好奇心や誰だろう? という探求心から、でもない。
 ただただ…視線を送ってきているのだ。その目の先にただただ歩いている者がいる。それがどんな風体でも、どんな格好をしていても興味はない。ただ…目の前を何かが歩いている。それを自動的に目が追っている、それだけに過ぎない。
 と、そういう話だとどこか厭世的に世捨て人のみが集まっている町なのか、と言うとそうでもなかったりする。中には明らかによそ者を食い物にしてやろう、どうにかしてだましてやろう、という者も少なくない。いずれにしても…初心者が訪れるには敷居の高い町、ということに違いはない。

「…いるかい?」
「いらない」
 軽く手を振ってその場をからさっさと離れる。さっきから何度も彼女に近づいてきているのは…怪しげな薬売りである。ルートセラーなのは違いないだろう。しかし扱っているその薬はほとんどがニセモノか、あるいは各国で輸送や販売はもちろん所持ですら厳しく取り締まられるような…キケンなものだったりする。
 そういう手合いにははっきりと「いらない」と言い切ること。相手はある意味プロなのだ。脈がない、となればすぐに別の交渉相手を探しに行く。…実はこんな町だが人通りは結構あるのだ。その中にはこの町本来の住人ではない連中も多い。…もちろん真っ当でない連中の方が多いことに違いはないが。
 この町に来るとドリスは「薬草アリマス」ののぼりをしまってしまう。難癖付けられる原因の一つでもあるからだ。と言うことはここで行商するつもりもない。やはりどんなトラブルに巻き込まれるか分かったもんではないのだし。

 そういう連中をかわしつつ。昼なのに宵闇のようにほの暗い街中を進み。やがて…目当ての建物にようやく辿り着く。ドルーセン薬協である。少し斜めに傾いた二階建ての建物。崩れかけた木の階段を上がると薬協がある。下の階は…何のどんな店だか、ちょっと分からない。動物のはく製や幸運を呼ぶとされるサウザムランドの神様像などが陳列してあるが、どれもこれもホコリだらけで売り物とも思えない。しかも人の気配が全然ないのだ…。

 しかし薬協と言えど安心できるとは限らない。大抵の町ではルートセラーにとっては重要な拠点ともなるのだが。
 きしむドアを開ける。何人かがカウンターに座っている。…会話はない。他の町ならもっとにぎやかなものである。しかし…ここでは皆、黙って自分の荷物の整理をしていたり、茶を飲んでいたりする。少なくともここの食品や飲料はまだ大丈夫だろう、という希望的観測はまだまだルートセラーの間でも健在である(もちろん、あくまでも希望的、である。ドリスもここで何か食ったり飲んだりする気はない)。
 掲示板はカウンターの端の方に設置してある。それほど大きくはない。
「…まだあった」
 紙切れの端にピンを刺してきたのだった。これは一種の「予約済み」という暗黙のルールである。一応?予約はしておいて後で確約を告げにまた来る、ということになっている。ただし…こんな町だからそんなもの無視されることも多いかな…と思っていたのだった。
「あれ…?」
 端に刺してあるピンが二本ある。ということは…。

「そなたもか?」
 カウンターの端に向かっていた大柄の男がゆらり、と身を起こす。
「その依頼、受けようとしているのは…?」

[1-56]へ[1-58]へ


「TheRootSeller」外伝6Topへ TOP ページへ