「あ…はい、うん、そう」
 …ヤバそう…。
 彼女の直感はとりあえず?そう告げている。しかしここはドルーセンなのだ。そういった手合いはいくらでもいる闇の街。

 濁った橙色のランプの光。天井にくくりつけられてあるそれも、ゆらり、と揺れる。
「失礼した。それがしはクモキリヤ。イルトンランドのとある村出身ゆえ、このようないでたちで失礼する」
 …でっか。
 ドリスは結構背の高い方である。女性の中でももちろん、男性の中でも。しかしこの男はそんな事情など一切気にしていないほどに背が高い、ように思えてくる。…いや、体格が大きいのだ、ということにドリスも気づく。筋骨隆々の大男ではない。そういう単純な肉体の大きさだけではない。ゆったりとした服装もその存在感を増すことに一役買っている。そして
 …アレ、か…。
 一つには手にした棒状の武器だろう。…刀、である。

「いえ、ご丁寧に。あたしはドリス。ドリス・アンフェルン…?」
「勝手だがクモキリヤで勘弁して頂こう。本名は他人には明かさない」
「なるほど。…わかった」
 …いや、別にそこまで明かしてもらわんでもいいんだけど。

 どうせそんなに長い付き合いにはならないだろうし…ね。

「そなたはあの依頼がどういう目的の依頼か…ご存知か?」
 ゆっくりとした仕草で腰に刀を、差す。一切の無駄のない動きである。
「どう…って?」
「トゥペの木の皮の数え方だ。ルートセラーなら知っていて当然であろうに? あのような数え方をする例、となれば…」
「え」
 …いやいやいやいや。
「あんたルートセラーだったの?」
 薬協にいるのはルートセラーだけではない。基本的に開かれた場所なので、その土地それぞれの事情に応じた人が集まって来る場、でもある。

「? 何を当然なことを?」
 合わせになっている懐に手を入れ、タブレットの入った皮ケースを、ちらり。
「行商の真似事のようなことをしながら各地を回っている。本草の知を売る、とでも申そうか…品はあまり持ち歩かぬが、各地の得意先を巡って旅を重ねている」
「ごめんなさい。その、てっきり…」
「てっきり、なんだ?」
「殺し屋か何かかと…」

 一瞬だけ手の動きが止まる。少し、目を見開いて…
「ふ。たしかに、な…」
 口角をかすかに上げただけの小さな笑み。

「これは護身用でな。念のために帯びている。使わんに越したことはない、というものだ」
 腰に差した刀を水平にドリスに差し出してくる。改めてみろ、ということだろう。
「いえ、あの、結構で…なんか触ったらいけなさそうだし」
「そんなことはない。これはただの武器なのだからな。魂でも何でもない。ただの鉄の棒でもある」
 …でもなあ…。
 その所作は護身用、念のため、といったものでは到底ない。長い時間をかけてその身に叩き込んできた技術や知識。それらが自然な動作となって染みついている。それは体術に関してはシロウトなドリスの目から見ても明らかである。
 目的のための無駄のない動きと滑らかに繋がる次への動作。
 …言ったことそのままってわけじゃない、ってか…。

「まあ良い」
 手にしていた刀を、またそっと傍らに置き直す。そして静かに腰を下ろす。
「カンゾソウの数え方、だが…」

[1-57]へ[1-59]へ


「TheRootSeller」外伝6Topへ TOP ページへ