戸口に闇が淀んでいる。入る前から闇はそこにある。
「シシシ。何が必要かね…?」
 曲がりくねった暗い、暗い道のその先。行き交う人もいなかった…いや、本当はいたのかも知れない。だけど、それを感じ取れなければいなかったのと同じことである。
「ドアはきちんと閉めるんだ…いいね?」
 闇の中へ吸い込まれていく二人。

 …ほんとは来たくなかったんだけどな…。
 必ずかがまなければならない戸口。外の明かり一切入れない入り口。逆に室内の明かりも一切外へ通さない戸口。闇が匂いを持つならば、それは鼻にまとわり付いたりしない。ただ単純にそこに在ってかすかに香るだけである。それが不快かどうか、ではなく。ただ…鼻と目の奥を鈍く刺激してくる、それだけ。
 …ここは、なー…。
 しかしその臭気は…どことなく懐かしさを感じさせる、そんな気もする。

「何が、必要かね…シシシ」
 フードに覆われたその顔は、相変わらず闇の奥底にある。見えない。何も、見えない。見せたくない? いや…見たくない。
「女神の欲望? 霧の怒り? それとも太陽の冷笑かね?」
 ドリスは黙って銅貨を一枚。その裏側を見せるように…朽ちた木のカウンターに置く。
「シシシ…なるほど…本当に、本当に必要なのだね…シシシシシ…」

「我が同志たちよ…」

 フードを深くかぶったその小男は骨張った細い腕でカウンター席へと促す。座れ、ということなのだろう。カウンターは朽ちた、そこらに穴の開いた古い木を使っているが、椅子は微細な彫刻の施されたアンティークな一品にも見える。薬協のものと同様、相応の年月を経ているだろうが…あちらよりは少し、いやかなり高級品のようにも感じる。ただし彫刻のほとんどはほこりや油に埋もれてどんなものか、すらよく分からない。
 それでも座面は使い込まれてあって、獣脂の深い橙色のランプの光を程よく反射している。てらりぬらりと。ここに一体どれだけの人が身体を、命を預けたのだろうか…?
「求めているのは情報だ、マスター」
 クモキリヤは刀を腰から外し、カウンターに立てかけるようにそっと置いてからゆっくりと腰を下ろす。そしてやはり銅貨を裏返してカウンターの上に置く。
 …やっぱ知ってたか、ここのこと。

 知らなかったら思い切り脅かしてやろー、とか思ってたドリスだったのだが。さすがにドルーセンに関係があるならここのことを知らないルートセラーはいないだろう。
「あまり時もないものでな。単刀直入にいこうではないか?」
「それはあたしも賛成」
 …ま、そーうまくはいかないでしょうけど。
「シシシ。まあ、焦るものではないよ、我が同志たちよ。…まずは話を聞こうではないか。全てはそれから始まるのだから…」

 店内の天井は低い。それはこのマスターの身長に合わせたものなのだろう。背の高いドリスと体格のいいクモキリヤにとっては窮屈な空間でもある。しかもカウンターの奥から壁面から、さすがのドリスにもよく分からない品々で埋めつくされている。さらに窮屈さが増してしまう。
「…さて…」
 ひょい、とその姿が低くなる。椅子に腰かけたのだ。これがこの厄介な相手が、交渉相手の話をじっくりと聞いてやろうではないか…というポーズの一つであることをドリスは知っている。
 だから背負子の中から紙包みを、一つ。カウンターの上に放り投げる。その椅子に縛り付けるためにも。
「ほお?」
「あげる。好きなんでしょ?」

「シシシ。これは…たまらんね…ありがたく頂こう…」
 やはり深くまとったままの自分のマントの中を探り、陶器のパイプを取り出す。そして手慣れた様子で紙包みを、ぴりりと破って中の葉をパイプにゆっくりと詰めていく。
「…シシシ」
 そして点火。軽く天を仰いで満足そうに…紫煙を吐く。
「ふむ。クジャランシーとな。煙草の名産地だ、たしかに」
「最高級のロードじゃないと吸わないからね、このヒト」
 もちろん結構な価格ではある。が…投資という意味では十分にお釣りがくることをドリスは知っている。

「シシシ。それでは…聞かせてもらおうかね…?」

[1-59]へ[1-61]へ


「TheRootSeller」外伝6Topへ TOP ページへ