「…なるほど」
 ようやく一言。それまでに陶製のパイプからは何度も何度も紫煙が立ち上り、マスターの口からも何度も何度も白煙が吐き出された。
「なるほど。なるほど。シシシ」

 いつの間にか二人の前にはカップが置かれてある。何の変哲もない、そこらの雑貨屋で安く売られているほどのモノである。中には…茶、と思われるどす黒い液体が満たされてある。通常の茶、とは少し違う、やや焦げたような香りがかえって香ばしさを増す。
 …飲めってこと?
 無論のこと二人とも手を出さない。

「では…マスターはカンゾソウの数え方については…何か情報をお持ちか?」
 …いきなりだなあ。
 ドリスのやり方だと、少し、遠方から攻める。まずはタバコ、そして何かワンクッション置いてから本題へ、と。今回もそうするつもりだったがこの大柄な男がいきなり切り出してしまったので、少し路線を変更してみる…か?
「シシシ。さて…ね」
 陶製のパイプをくるり、と返して中のタバコの葉を床へと落とす。新しい葉をゆっくりと詰めていく。

「じゃあ…ヴェーラ村とトゥペの木の皮の関係って? 何か知ってる?」
 今度は紙巻タバコを取り出して…一本。指先でくるくる回して見せたりする。もちろんドリスが吸うためではない。
「パウカイ獣紙の産地だ、てことはよく知ってるけどね。なんでトゥペの木の皮かな、って」
 カウンターの上に、それをそっと立ててみる。柔らかい紙巻タバコだが、コツがあればこうやって立てることもできる。
「…ただの甘味ではない、と踏んだか…」
「まあね。いくらノルザムランドだからって、あっちにだってトゥペの木の皮くらい、あるでしょ?」

 折角立てたその一本を、わざと倒して…指先で向こうへと弾く。無論のこと辿り着く先は節くれだったその指先。
「シシシ…」
 受け取った一本を両人差し指で挟むように持って、目の前にかざす。
「…シシシ」
 傍らの小さな壺をたぐり寄せ、器用に紙巻をバラして中身だけをしまい込んでしまう。

「…ヴェーラ村のドルニシア、と言えばそれは村で唯一の甘味処を手掛ける一族の名」
 ぼそり、とつぶやく。
「質の良いトゥペを欲しがったとして…不思議はあるまい? シシシ」

 たしかに依頼主はアン・ドルニシアとなっていた。…しかしノルザムランドのそれほど大きくもない村の甘味処を営む一族の名まで知っているのか…。正直なところこんなマスターの口から出る単語ではない『かんみどころ』など。しかしそのアンバランスさもまたここ、ドルーセンのなせる業、と言えなくもない。
「訪れたことが?」
「シシシ。まさか。吾輩はドルーセンから出たことはない、のでな」

 それも含めて真偽は不明である。
「…確約を、求めるかね?」
「いや」
 …そう、まだ。
「トゥペの木の皮の数え方、だ。こちらの方で確約を頂こう」

 確約とはこの店独自のシステムである。何らかの「証」をマスターからもらうことで受け取った「品」が確実に依頼主のモノとなる。
 この怪しげな店はこういったカタチのない情報ではなく、物理的に触れることのできる「商品」を調合したり作成したりするのが本来の姿である。依頼する側が作成に必要な各種素材を持って来て、そしてマスターが依頼をこなす。
 ただし受け取ることのできる品は当然だが真っ当なシロモノではない。
 他で手に入ることがまずないのはもちろん、場合によっては警備隊に目を付けられることになることもある。…それでもソレが欲しい、どうしても欲しい…という時のためにこの店は知られている。大量のレアアイテムと高額な報酬。それにマスターからうまく「確約」を引き出せるか。そこにしか望みの品を入手できる可能性はない。
 場合によっては素材と報酬をボッたくられた挙句店から放り出されることもあるのだ。初心者がカンタンに訪れるような店ではない。

「シシシシシ…」


[1-60]へ


©2017-2020 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: 信天庵

「TheRootSeller」外伝6Topへ TOP ページへ