「それにはちと、足りないようだが…? シシシ」

 …まあ、そうなるだろうなあ…。
 こっちから提供したのはタバコのみなのだ。さすがにそれだけでは…と。
 基本的にこの店は客が素材を持って来る。それをマスターの技術でもって希望の品を作り上げる。その時に『確約の証』が渡されるようになる、ということである。もちろん、希望の品を確実に手に入れられる、というわけではないのは言うまでもない。そもそもこの確約、というシステムだってマスターの気まぐれでやっているようなものなのだし。
「素材がな、これでは足りんのだよ。シシシ」
「木の皮の数え方ってこと?」
「それもあるかも知れんな。しかしそれだけでは足りない。作り上げるには色々なモノが必要となる。それは実際の品ではない…情報でも同じこと」
 ひょい、とマスターの頭が低くなる。椅子に腰を下ろしたのだろう。
「こちらにもいくつかの用意はある、とだけは言っておこう…シシシ」
 そしてまた陶製のパイプから紫煙をたなびかせ始めてしまう。

 …んーー…。
 少し、考えてみた。が、ドリスはやがて気づいてしまった。…そう言えばあたし、他になんも材料ないな。
 そこですぐ横で泰然、と腕組んで目を閉じている大柄な男の、袖をちょいちょい引っ張る。
「…ね、あんたも何か出しなさいよ」
 なんであたしばっかり。
「なんかあるんでしょ…?」

 するとうっすらと目を開く。ちらり、と横のドリスの方を見て…天井を軽く見上げる。
「…ふむ」
「…どーなのよ?」
「ふむ。そうだな…マスター?」
「何かね?」
「こういうのはいかがであろうか…? 偽書の表紙に使う紙、というのは…?」

 …何だって?
 ギショ? 表紙? やっぱ紙ってこと?

「ほう…?」
「ヴェーラ村だから…パウカイ獣紙ってこと?」
「いや、あれは表紙とするには柔らか過ぎるであろう。芯となる別のもっと強固なものを包むなら話が違うであろうが…」
 一度目を閉じて、またうっすらと開く。
「トゥペの木の皮を甘味ではない、別の要素として扱う、というのは…いかがか?」

 節くれだった指が、動く。二人の前にそれぞれ金貨が一枚ずつ。

「…確約?」
 これが確約の証である。何らかの品を放って寄越すのである。なんかの小枝とか丸めた糸くずとか、大抵はがらくたばかりなのだが、
「こんなの見たことない」
 こんな風に役に立つ品、というのはもらった記憶がない。
「…うむ…」
 隣の大男も同感のようだ。

「シシシ。先にそちらから完品を出されてしまったでな。これでは吾輩の出る幕はない、ということになる」
「…あ、まあ…たしかに」
 ということは木の皮の数え方が違う、というのは甘味以外で使う、というのはこのマスターも同意見ということになるのだろう。しかも紙として、ということらしい。
「それではあまりにもシャク、というところなのでな。これを持って行くが良い」
 小さな木の皮。何か文字が書いてある。
「ここに記された名、そやつを訪ねてみると良いだろう。その後は知らん、がな。シシシシシ…」

[1-61]へ[1-63]へ


「TheRootSeller」外伝6Topへ TOP ページへ