細かい部署なんかまでは載らないこともあるよ、何しろここはニンダスなのだから、とか妙?な励まし?をもらったりもしたのだが。

 ここら辺は南学区の南の端だから東学区に向かうなら…一旦中央学区に出るか、それとも東学区に隣接はしているのだから直接行くかい? と管理人。
 どっちが早いかな、と問うてみると…。
 まあ、どっちもどっちだね。中央学区からなら道順も分かりやすいけど少し遠回りなのは分かるよね? でも直接東学区へ向かうとちょっと道がややこしいよ? どっちがいいかな? と、そんな答えが返って来た。
 …いちいち学校っぽいなあ。
 薬協だからルートセラー関連の人たち(ルートセラーかそれに類した人たち)が他にもいたのである。最初は特に興味ない、といった様子だったのだがやがてみんな集まって来てやいのやいの議論?を始めてきたのにも閉口してきたのだった
「中央学区なら標識がまだ新しいぞ」「大十字路もあるしな」「いや、それなら南と東の接点を、だな」「中央学区の利便性をナメるな」「どうだろう? ここはあえて西から攻めてみるというのは」「北回りなら植生が楽しい」「中央から北を経るとお社がいくつもある」「ニンダスを一度出てみるといい」「回り道こそ真理なり」

 …めんどくさ。
 こっちはただただ道を知りたいだけなのだ。だからテキトーなところで「あはは、じゃあ、そういうことでありがとうございますぅ」とか愛想笑い浮かべてクモキリヤを押し出すように薬協を出て来てしまったのである。目的地の住所が分かっただけでも収穫である。
「ふう」
「なかなか面白い連中だったな」
 こっちはあごを撫でたりしながらそんなこと言ったりしている。
「そお? めんどくさくない? ああいうの?」
「いや。ルートセラーは大抵あんなものだろう。…おぬしもそういうものではないのか?」
 …はー…まあ…たしかに。
 言われてみりゃそんなもんか、とかそんなことまで思ったりする。

 順路としては早さを求めるなら南学区と東学区が接する辺りまで行き…東の端まで行けばいい。ただし、かなりややこしい道順になりそうな上に土地勘も何もない場所である。何せ南学区と呼ばれるこの辺だって道がうねうねしている上に小道も多い。さらに『学校』という施設の特性なのか、どうにも似たような建物が多いのである。
「一旦中央学区まで出てみるか…」
 そっちの方が初心者には分かりやすそうではある、という結論に達した。東西南北に大きな道が十字に貫いていて、大十字路と呼ばれるほどに分かりやすそうな分岐路まで中央学区にはあるらしい。じゃあ、そっちから辿った方が逆に早いか、ということになったのである。迷うとかえってややこしくなる、ということである。

 比較的大きな道を選んで行けばそのうち中央学区に着く、というのはそこらで尋ねてみた結果でもある。
 …しっかしまあ…。
 学者の町、である。ふと気づくとそこらに本を読んでいる人物がいる。老若男女を問わない。あんまり見ない標識だな、と思ったら「歩き読み禁止!」と歩きながら本を読むような意匠の上に大きなバッテンが示してあったりする。しかし歩きながら書に没頭している人物はそこかしこにいたりする。考えてみれば歩きながら本読んでるような奴がそんな標識を見るわけはない。
 そのうちドリスも気がついた。…みんなみんな本読んでるわけじゃない、ということに。
 ある者は中空に指先で架空の絵を複雑な動きで描いていたりする。あるいはじっ…と地面を見つめながら座り込み、時々瞳を上げては「ふ…」とため息だけついてまた視線を落とす、なんてことを延々繰り返していたりする。
 あるいは数人のグループとなると。…ケンカでもしてるのか? と思わせるほどに熱弁と熱論を交わしているその隣に何やらぼそぼそつぶやきを交わしている静寂を好むグループがいたりする。議論してるんだか詩の朗読会でもしているのか、よく分からない。
 …やっぱこんなのばっかか…。
 彼女がこれまで会って来た「学者」という人種は場合によってはかなりの社会不適合者だったりしたものである。そんな連中が集まる町、となると…やっぱりそんなのばっかりになるのだろう。

 もちろん全員が全員そんなアヤシイ人物ばかりではない。中には体力には全然自信ないけど知力なら…! と内なる闘志をたぎらせている(ただし外見はひょろりふらりとしている)らしき者もいたりするのだろう。
「ああ、なるほど」
「…どしたの?」
「なに、薬協でのアレに合点がいった。…アレだな…?」
 指した先には…定食屋と思われる安食堂。古ぼけてはいるが、ここまで活気が伝わってくる。結構混んでいるようだ。
「?」
「あの管理人の御仁が言っておったではないか『学者と書物と教育と食堂は切り離せないもの』とな。学者と書物はそこらにある。教育はそこらの学び舎で受けることができる。そして…ああいう食堂もたくさんある町、ということなのだろう、この町は」

[1-65]へ[1-67]へ


「TheRootSeller」外伝6Topへ TOP ページへ