「なんだ?」
 ゆっくりと目を開ける。
「なんだじゃないでしょ? 売らないの?」
「売るさ。ただ…少し待っておるのだ」
 ドリスの方はなかなかの盛況ぶりだが、となりのむしろの方は、そうでもない。そもそも売り主であるクモキリヤが客引きも何もせず、ただ泰然…とむしろの上であぐらをかいて座っているだけなのだ。しかも目を閉じて腕を組んだまま。
「待つ?」
「左様。それがワシのやり方でな。時間をかけてじっくりとやっていくのだ…」
 見ていると(ドリスが隣でわーわーやっているせいかも知れないが)全く客が来ないわけではないようだ。一言、二言何か会話を交わし、背負子からいくらかの商品を見せることもある。見せているのは…何だろうか、そこまではよく見えなかったが何かの葉か実のようではある。ちょっと分からないが。
 ただしその何かを売っている様子は全くない。金銭の授受が一度も成立していないのである。

 ルートセラーの行商はソロが一般的である。こうやって何人かで組むこともあるが、そうなると分け前が減ることにも繋がるのでソロが絶対に良いんだ、という者も少なくない。
 もちろん、逆にグループで行商する者たちもいる。場合によっては役割分担をきちっと決めてあって、誰それが客引きで…あんたが販売、搬入は俺がやるからお前は商品解説ヨロシク、とかそんな風な場もある。
 ドリスだってソロ以外にそうやって組んだこともある。もっとも、そこまで組織立って売ったことまではほとんどない。たまたま酒場で意気投合した同業者と翌日にこうやってむしろ並べてみた、とかそんなもんである。大抵の場合はそんな風に行き当たりばったりで組んでみた、とかその程度なのだろう。
 それでも暗黙の了解?みたいなものがあってとなりの同業者に口を出したりはしない、ということになっている。それぞれにはそれぞれのやり方があるからである、ということをよく知っているからである。だから、これもまた彼なりの方法なんだろうな、と割り切ってしまう。

 …こんなもんかな。
 意外と稼げた、というのが率直なところだったりする。あまり行商する連中がいない、というのは場所を貸してくれた雑貨屋の主の態度を見ていれば分かる。…一種の穴場、ということにもなりそうだが…そういう場、というのは諸事情が複雑に絡み合っていてそういう行為を許さない、という非常にめんどいケースもあったりするので安易に店広げたりしない方がいいこともあるにはある。
 しかしここはそういうことではなく…ただただ行商人が敬遠してしまっている…とかそんなものなのかも知れない、とかドリスは思う。何せこういった特殊?な町である。通常に営業するのとはまた違った困難も出てくるのではないだろうか…?
 そのためもあって、深追い?は禁物としたのである。まあ、それなりに稼げたし、こんなもんかな、と。

 じゃあ、どっか入ってメシでも食ってみるか、ということになる。

 自炊が基本のドリスだって、こうやってどこかの店で食うことだってもちろんある。食にこだわるルートセラー(何かにこだわる者の多い業界でもある)というのも存在していて、どこそこの町になんたらという店があってそこのあのメニューは最強だ、食べてない者は人生の半分くらいを損している、とかそういうことを触れ回る者もいたりはするが…彼女の場合は別に何だっていいや、食えるなら、とかそんなものだったりする。
「ここにしてみるか」
「うん。悪くないんじゃない?」
 二人が入ろうとしているのは…フツーの定食屋と言うか何と言うか。こじんまりとした店である。十人ちょいくらいは入れそうか…とかそんな大きさ。
 店の前に二組ほどの椅子とテーブルがあって、こちらでも食べられるようだ。こういった店構えはそれほど珍しくない。気候にもよるのだろうが…実はニンダスでは学術関連や教育関係の施設には補助金が下りることがある、とのことである。その方針は例えば書店や器材店にも適用されたりもする。器材によっては専門の職人しか作成できなかったりもするので…北学区に多いとされる町工場にも、申請されれば下りたりすることがあるらしい。
 しかし食堂などの商店ではそういった補助は望むべくもない。そのため…本当ならあまり歓迎されることではないのだろうけど…公共の路上にこうやって椅子やテーブルを並べて入れる人数をかさ増し?しているところが多い、という話があったりする。
「行ってみましょ? もうお腹ぺこぺこなんだ」
 なお。当たり前だがファイーナは連れて入れない。…もっとも、カラスにはカラスなりの狩場?があるので別にそこまでする必要はないのではあるが…。

「あれ?」
 室内には飾りっ気のない、質実剛健な椅子とテーブル。酒場も兼ねているのか(今はそっちは営業していないのか)どっしりとしたカウンターの奥には酒瓶がいくつか並んでいたりする。そのカウンター席に座って大盛りのパスタをわっしゃわっしゃと豪快に頬張っている小柄の女性に、ドリスは見覚えがある。
「ルチア?」
 思わず声をかけてしまう。…すると、口の中いっぱいのパスタを、もぐもぐ、ごっくん、と飲み下して…
「んぐ。…あれ? ドリスさん? どうしたんですこんなとこで?」
 探していたルチア本人だったりするのである。

[1-68]へ[1-70]へ


「TheRootSeller」外伝6Topへ TOP ページへ