どこかよれた白衣に度の強そうな眼鏡、といういでたちも変わらない。
「どうしたんです、じゃないわよ」
「いやいや。でもこんなとこに来るのも珍しいですし」
 こんなとこ、とはご挨拶である。
「なあに? ここいつも来るの?」
「まっさか。いつもは東学区のやっすい居酒屋がせいぜいですよ。…たまたま用事ができて中央学区まで来たってとこなんで今日はちょっと奮発してるんです」
 どうぞ、と席を一つずれたりしてくれる。まだ少し時間が早いのか、カウンター席にはまだまだ余裕がある。

 ルチアが左に一つ、ずれたためドリスが彼女のすぐ右に腰を下ろす。そしてクモキリヤがドリスの右隣に座ろうとする。
「あ。こっちの人は今ちょっと一緒に行動してるクモキリヤって人なの」
「どうぞよしなに」
 座る前に一礼。ルチアも座ったままだが丁寧に頭を下げる。
「ルチアーノ・エンコです。こちらこそよろしく…」
 頭を上げながら…ふと、視線が止まる。ついでに返礼の言葉も飲み込んだように止まる。

「うちはもの…」

 視線の先に、クモキリヤが気づいてやや照れたような笑みを浮かべて、腰に帯びている刀を鞘ごと、ちらと抜いて見せる。
「これは飾りみたいなものでな。真剣では…」
「イルトンランドだったっけ、あんたが来たとこって?」
 あんまり気にしていない様子のドリスは、何食べよっかなー、何がいいかなー、とメニューから視線も外さない。
「ああ。イルトンランドの小さな村だ。特にこれと言って何もないようなところでな…」
「…その刀はどこでお求めに?」

 いつの間にかルチアがドリスとクモキリヤの間…クモキリヤの左側…帯びている刀のすぐ側にまで潜り込んで来ている。
「…え?」
 ドリスが自分の左の空いた席を一度見て、ぐるっと辺りを見回してしまったほどである。ついさっきまでそこでパスタをかき込んでいたはずだったのだが…人間、そこにあるはずだ、と一度思い込んでしまうとなかなかそれが消えてしまったことに気付かないものである。
「うわお」
「どこで…? どこでお求めに…?」
 声も低くなって表情も正に真剣そのものである。
「いや、それほど大した品でもない。何しろ…」
 ちょいちょい、と袖を引くドリス。
「?」
「一回きちんと見せた方がいいって。そうしないと絶対放してくんないから」
「…しかし…」
「学者ってのが一点集中の意味でルートセラーより厄介だ、てのはあんたも知ってるでしょ?」
「たしかにな」

 無言で鞘ごと刀を抜いて(多分しぶしぶ)差し出して見せる。
「…おわお…」
 軽くはたはたと手を払ってから受け取って…鞘のままくるりと横に回してみたり。鞘と鍔を丹念に舐めるように食い入るように眺めまくる。
「ほう…」
 抜いて中身を確かめるのか、と思ったら目の高さくらいに持ち上げて少しだけ軽く抜いて、すぐに戻してしまう。
「…なるほど…」

「ご覧の通り。真剣ではござらん」
 返してもらった刀を腰に、悠然と帯び直す。
「護身のために帯びているものでな。抜いてどうこう、というものではないゆえ…失礼した」
「いえいえ。ありがとうございました。…わー…いいもん見せてもらいました」
「? あんた刀が見たかったんじゃないの?」

「いえ。私が好きなのは拵えの方なんですよ。刀身も興味ないってわけじゃないんですけどね」

[1-69]へ[1-71]へ


「TheRootSeller」外伝6Topへ TOP ページへ