以前に火の不始末で失火やっちまった、とか多分そんなもんだったんじゃないだろうか…。
「いえいえ、あったし、そこまでポンコツじゃないですよー」
 とか言いつつ。備蓄してあったビノンを一杯飲んだ瞬間にぶっ倒れてしまったのである。
「あーうー…もう食べられにゃい…うふ、あはは…」
 とか幸福そうな笑みを浮かべながら。

「とりあえず…こんなもんがやね」
「うむ」
 完璧にオチてしまったルチアをベッドに放り込む。うーむ、とか、あひゃー、とか満足なんだか幸せなんだかよく分からない言葉を口にしながら、まあ…気持ちよさそうである。
「しっかし…」
 ぐるりと見回す。獣脂のランプにうっすらと灯されてぼんやりと浮かび上がる部屋の中は…。

「魔窟、やね」

 床は足の踏み場がない、というのは前にも述べた(獣道がうっすらと伸びているのも)。壁は、と見てみると…?
「うむ。見えんな」
 暗くて見えないのではない。まずは本棚がびっちりと詰まりきっているし、何やら怪しげ?な物品がやはり積み上げられてある。そもそもこの部屋にだって窓くらいあるのだが、その高さにまでも色々なモノが積み上げられてあって、かすかに上の窓枠がちょびっと見えるくらいになってしまっている。
 この刻限でもこんな程度なのだから、昼間に来てもやはり薄暗いのだろう。
 ただし一点だけ、一か所だけ窓がから外が見える場所がある。ベッドの脇に小窓(とは言ってもやや上を向いている)があって、そこからはこんな時間帯なのに外の様子くらいを覗き見ることができそうだ。…寝転がったまま外を見る、という目的ではないのは明らかである。寝転がったままベッドで本を読むためにここだけ開けてある、とかそんなもんなのだろう。ベッドの上にも大量の書籍が積んであるのだから。

「この御仁は考古学者、と聞いていたが…?」
「うん」
「やはり…何と言うか…」
「ああ、あたしも思ってた。…節操ないなあ…ホント」
「…そうだな」

 考古学者だから部屋には遺物的な遺跡からの発掘物なんかがたくさんあるのだろう…とかそんなイメージがあるが、彼女の場合は…いや、大抵の学者の場合はそんな風に固まったイメージなんかないものなのである。そもそもきちっと整理しておく、という発想そのものが彼女にはないようであるし。
 書籍の山脈のあちこちには種々の物品が埋め込んであるが、ドリスが掘り起こしたのは
「…骨…?」
 明るさが足りなくて細かいところまではよく分からないが、動物の肋骨か何かだろうか。平たくて細長い。
「大昔には動物の骨を使った占いがあった、と聞くが?」
「いいや、そんなもんじゃなさそうね…多分骨格標本的な何かを手に入れたけどバラバラになっちゃった、とか…?」
 たしかに表面がキレイすぎる。触ってみるとつるつるしているし臭いも何もない。適切に処理してあるのが分かる。
「肉食ってその骨をそこらに放った、とかそんなもんでもなさそうね、こりゃ」
「こっちには顎の骨もあるな。…ほう、これは頸椎か」
 集めたら一頭分揃いそうではある。そこまでするにはちと光量が足りないが。
「何だろ、イノシシ…?」

 他には串焼きか何かの串だけが丁寧に収まった箱とか。あるいはほうきの柄?みたいなちょっとした木の棒が無造作に縛って置いてあったり。室内なのに乾いた土のこびりついた素焼きの植木鉢が重なっていたり…。
「さすがだな」
「たしかに」
 ルートセラーだって似たような要素があったりもするのだが…ここまでではないような。

 なお。学者のみんなみんなこんなダンジョン形成しているわけではない。几帳面な学者だっているし、フツーの部屋に住んでいる学者だってもちろんいる。ただ…こだわりが強すぎると言うかちょっとやり過ぎと言うかどこか突き抜けすぎてしまっている、と言うか…。
 そういう連中がやけに多い、ということなのではある。

[1-76]へ[1-78]へ


「TheRootSeller」外伝6Topへ TOP ページへ