「…ホントだ」
 一応、ということでドリスも見てみたのだが、たしかにそう記してある。
 …しかしすでに二人ももう眠くなってきている。そこで後は明日にしよう、ということで適当な場所で眠りにつくことになったのだった。

 翌朝。憎らしいほどに快晴である。陽の光は元気そのもの。

 一番最初に起きたのはドリスである。…気が付いてみれば毛布も何もなしに玄関そばのちょっとしたスペース(積み上げられた本と本のすき間)に収まっていたのだった。我ながらよくこんなとこで眠れたもんだ…とか感心してしまったりする。それでも体の節々が、少し、いや、なかなかに、痛い。
「うーーーむ…」
 次にクモキリヤ。こちらは何だか分からない木の箱(抱えるように大きい)と立てかけられた石板の間から身を起こしてくる。…こんなもん、昨日の夜見たっけかー、とか思ってしまうが…窓が少なくても朝になれば明るくなってくるものである。こんな世紀末の集積地みたいな部屋にもその恩恵は訪れる。
 …ヤバそうねー…やっぱ。
 昨日の夜にはよく見えなかったので、多分本がたくさんなんだろーな、とか思っていた書籍の山脈辺りは実は箱とか壺とか土器っぽいのから何やらで、さらなるカオスを醸し出しているのである。

「おはよ」
「…うむ」
 腰を下ろしたまま…腕を大きく上に伸ばす。そして…大あくび。
「寝れた?」
「まあ、それなりには…な」

「考古学者殿の意味不明な寝言がなければもっと快適だったのかも知れんが、な」
「え? あたし何も聞いてない」
 思いのほかドリスは深く眠ってしまっていたようだ。いつもの野宿ならここまで眠り込むことはない。少しでも物音がすれば目を覚ますのだが…かなりの酒が入っていたのと屋内だ、という意識からか思った以上に爆睡してしまっていたらしい。
「そうか? 結構大きな声だったような気がするのだが」
「どんな寝言なのさ」
 よ、と体を起こして立ち上がってみる。…うわー、なんかちょっと足元ふらつくわー…。
「なんだろうな、うむ?」
 こちらは泰然、とあぐらをかいて首をひねっていたりする。
「何よそれ」
「とにかく奇妙なことを口にしていたのは間違いないのだが…さて?」
 頼りないことである。まあ、彼もやはり相当に酒が入っていたのだし、そこまではっきりとは覚えていないのだろう。

 ここで部屋の主が目を覚まし…いや、半身だけ起こし、一回二回、と頭を振る。
「ああーう…はうっ!」
「あ、起きた?」
「えーーーあ…あうっ!」
 いきなり正しく脱兎の勢いで玄関ドアをぶち開けて外へ飛び出していく。…やがて戸外から聞こえてきたソレは明らかに酒を飲み過ぎた後のソレの音である…。

「あーーーーうーーーー…アっタマ痛い…」
 顔面蒼白で目も虚ろ、である。
 玄関そばには井戸もあって、そこから水を汲んできたらしい。大ぶりのジョッキらしき陶製品から…ぐぐい、っと飲み干す。
「うあーーふーーはあー…」
 ようやっと一息つけたようである。そしてぐるりと見回す。
「あれ? ドリスさんじゃないですか。なんで私の部屋に?」

 一応?クモキリヤのことは覚えているらしい。らしい、と言うのは明確な見覚えがないのか、何度も何度も顔や姿を見直しながら「?」な表情をしていたから。仕方ない、といった風にクモキリヤが自分の刀を見せると…ちょっと額にしわ寄せて口をとんがらせたような表情になって…
「あ、ああ、あーーそうでした。すいません、うっかりしてました。クモキリヤさんです、はい」
 と、ようやく思い出したりしたのである。
 どの辺りから記憶が飛んでいるのか…いくつか問いただしてみると、どうもメシ屋の辺りで話したことは(断片的だが)一応は覚えているらしい。が、その後の記憶がほぼ完璧にないようである。
「いやー…あれだけ呑んだのは久しぶりだったんで…お恥ずかしい」

[1-78]へ[1-80]へ


「TheRootSeller」外伝6Topへ TOP ページへ