「あ、そうだ」
 ようやく一段落、ということで昨夜見つけたあの本を…?
「どこだっけ」
「うむ」
 ただでさえ闇の中のカオスから探し当てた「ナゾ」の本なのである。例え日が上がってきて明るくなってきた…ような気もする…程度ではあまり判別効果は期待できそうもない。
「何の話です?」
「昨日、ね? なんかミョーな本を見つけたんだけど…」
 無数に積み上げられた本の柱とわけの分からない遺物?的なナニカと箱と土器が転がる室内。
「どこに行ったのかな…」

「そんなのがあったんですか」
「自分の部屋ではないのか?」
「私にも何が何やらどこに何があるか分からなかったりすること、あるくらいですし」
「おいおい」
「で…どんな本だったんです?」
「えっとね。…これっくらいかなー…? で、表紙が独特で…」
「奥付があったな」
「そう。著者がセドナ・マイス・リドル。なんか今回の依頼に関係ありそうな気もするようなそうでもないような…」

「…ってルチア?」
 何も言わずに黙って足元辺りを探り始めて…
「ああ、これですか。これを見ちゃったんですか…?」
「なんかヤバい本なの?」
「表紙に毒が塗ってある、とか言わんでくれよ」
「そんなことはないんですが。コレ、セドナの日記です」
「…日記」
 なんでそんなもんがここに…と思ったのだがやや陰ったルチアの表情が気になる。

 とりあえずなんか少し食っておくか…ということで早朝から開いていてルチア行きつけだと言う軽食店に向かうことになる。学者の町イコール食堂が多いということだけではなくアタマ使うと栄養が欲しくなるが自炊するよりどっかで食った方が色々マシ…と思う連中が多いせいか、そういった店は相当数あるとのこと。
「ここです。ホント軽食しかないんですけどね」
 屋台である。…正確には「屋台を路上に固定して周りに椅子とテーブル並べてみました」といったところ。ここから再び移動することはなさそうな、店舗として構築し直すくらいなら屋台のままでいいや、とかそういう認識なんだろうか。
「あら。おはようルチア」
「あい。おはよーございます」
「今日は連れがいるのかい? なんだいなんだいまた飲み過ぎたのかい、いくつになっても飲み方覚えないねえ」
 と、豪快に笑うおばさんが仕切っている。

 まだ他に客もいない。適当な椅子に腰を下ろす三人。
「何にする? と言ってもウチはサンドイッチしかないけどね」
「じゃあ…タマゴで」
「それがしはハムとチーズでも頂こうか」
「タマゴは焼く? かき混ぜる?」
「かき混ぜで」
「あいよ。…ルチアはいつものでいいのかい?」
「あい。お願いします」
「あーい。じゃあ、少し待っててくれるかい?」

「で…どうなのよ?」
「ああ。セドナですか。…うーん…」
「何か厄介なことではあるまいな…」
「そうでもないんですけどね。一応知り合い…関係者…うーん…」
「何よ。はっきりしないわね」
「…いもうと、なんです」

「妹。それなら別にそこまで悩むことないじゃない」
「それだけだったらいいんですけどね…」

[1-79]へ[1-81]へ


「TheRootSeller」外伝6Topへ TOP ページへ