なお、ニンダスは町独自の配達システムを持っていることでも知られている。…他の大抵の町だといくら大きい都市でそれ専門の業者がいてもその業者のみ、というところは少なかったりする。昔々からの馴染みの方法である『知り合いに頼む』という方法が結構フツーに取られているのだ。
 ドリスやクモキリヤのような行商ルートセラー、なんてのはその代表格?みたいなもので、ルートセラーのとしてタブレット持ちながら「運び屋」が専門、なんてな者もいたりする。そこまでいかなくてもドリスも何度も「配達の頼み事」を経験している。そもそもダナーブ文字の書簡だって配達前提の預かり物なわけではあるのだし。
 しかしこの学者の町においては「確実に安全に届ける」ことが非常に重視されてきた。モノによっては非常にデリケートな扱いが要求される物品だったりするのだ。例え知り合いと言えど(信用はできるとしても)扱いがシロウトな者に預けるのはちょっとなー、という場面が往々にして出てくる。そして(知り合いであるが故)それが元でトラブルに発展するケースも少なくなかったのである。
 そのため町の拡大と共に行政システムを見直そう、となった時に町独自に「公的配達システム」を立ち上げた、という経緯がある。町の方でやるのだから番地の割り振りなんかもスムーズに行える。もちろん無料というわけにはいかないが、その分責任を負ってくれる、というわけである。

 町によって事情は様々なのである。
「さあ、ようやく中央学区ですよ。ほら、標識もありますよ?」
 たしかにやや古ぼけた木の札…白く塗られていたのだろうけど、雨風によって大分くたびれてきている…には矢印と共に「コッチ:中央学区」「コッチ:東学区」と記してある。正しく境界線だ、と認識はさせてくれる。ただしあまり大きくは違ってきた印象はない。ただ道路に標識があるだけ、なのだから。
 それでもいよいよ中央学区っぽくなってきたなー、というのは部外者ではあるルートセラー二人にも段々と分かってくるようになってきた。歩いている人の印象がどうにも違ってくるのである。
「何と言うか」
「うむ…何と言うか」
『いかにも』
「ハモんないでください」

「でもさー…」
「まあ、言いたいことは分からんでもないんですが」
「うむ」
「やっぱりさ、中央って名前がやっぱり正しいんじゃない?」
 実はさっきから(もうすでに昼を回っている)行き交う人たちがどうにもおとなしめ、戸言うか有体に言えば「お金持ち」っぽい人が増えてきている、ような印象なのである。かと言って成金趣味ゴテゴテの連中がぶいぶい言わしている、とかそんなものではない。ただ、明らかに「こいつカネ持ってんだろーなー…」という人が多くなった、ような気がするのである。
 例えばこの建物前のちょっとしたスペース、ここで昨日のように行商できる、となっても…さすがのこの二人も二の足を踏むだろう。建物そのものも非常に上品そうな外見ではあるし…こういうとこに関係しているような人たちとは、どうにも客層が合わないだろうなあ…こんな、道端で売ってるもんなんか買ってくれるんだろうか…とかそんな風にも思えてしまうのである。

「そうは言っても学者は学者なんですけどね」
 飄々、と言い切るルチア。
「中央学区は開発に熱心な貴族だとか、大規模な事業を興している豪商なんかと繋がりのある学者が多いんです。そうなると自然と収入も増えていきますし、その辺は…まあ確かに他の学区の貧乏学者とは比べ物にならないかも、ですね」
「比べ物とかそういうレベルじゃないような気もするけど」
「ルートセラーだって相当数いるんですよ」
「定住は多そうだな。あるいは…幽霊か?」
「どっちもです。でも行商ルートセラーだって少なくはないんですよ。…ほら、薬協もあります。ニンダスはそれぞれの学区に一つずつ薬協があるんです。ちょっと寄ってみましょうか?」
『ニンダス:中央学区:薬協支部』の看板があるにはある。通常なら一都市に薬協支部は一つだけ、となっていることが多い。ここは例外中の例外ということなのかも知れない。
 ただ。なんとなく、曖昧にだけど、うなずく二人ではある。…あんまり期待はできそうもないなあ、というのが正直なところなのだろう。

 からん、と涼やかな鈴の鳴るドアを開けると
「…いらっしゃい」
 と、渋い声のマスター?が出迎えてくれた。
 …あー、そういうノリなんか…。
 薬協が何らかの店や施設を兼ねる、というのはよくある話ではある。ここでは喫茶店か何かを兼ねているのだろう、とドリスは思ったのだった。
「えっと…」
「ああ。ルートセラーの方ですか。薬協の業務は…ああ、来た来た。彼女にやってもらっているのです」
「彼女?」
 三人が店内?に入ったその直後にもう一人、入って来た人物がいる。その人が管理人、ということらしい。

[1-82]へ[1-84]へ


「TheRootSeller」外伝6Topへ TOP ページへ