…のだが。
「は…はうっ! ごめんなさい、薬協利用者の方々ですか?」
「らしいよ、話を聞いてあげないと、ね?」
「は、はい。ありがとうございます、当、ニンダス中央学区薬協支部管理人のアサマと申します、よろしくお願いいたしますっ!」
「アサマ…さん?」
「アサマさんですか」
「はいっ! ただのアサマです! それ以上でもそれ以下でもありませんっ! お姉さまっ!」

 …お姉さま。
 この場(この喫茶店兼薬協支部にいる客は除く)にいる人物で「お姉さま」に該当しそうなのは二人だけである。
 …なんか心当たりあるんでしょ?
 ルチアの脇腹辺りを肘でつついてみるドリス。…そりゃ、そうだろう。それほど頻繁に訪れてもいない町で見知らぬ女性に姉呼ばわりされる覚えは、ない。
 …私だって知りませんよ、こんなちっこいの。
 少なくとも同じ都市に住んでいるこの考古学者殿も身に覚えはないようである。実際、このアサマと名乗る女性は非常に背が低い。元来、ドリスは背が高い方なのではあるのだが…対してルチアはそこまで高くはない。それと比べても低い。

「薬協のことはこのアサマさんに聞いてね。僕はよく分からないから」
 と、マスターに言われてしまうと、まあ、どうしようもない。
「で、では、こちらへ、どうぞっ!」
 カウンターのさらに奥の方へと案内される。感覚としては喫茶店的な雰囲気はそれほど変わらない。フツーに間違ってこっちに来てしまう客もいそうである。ただしおなじみ?の掲示板があったりするのでやはりここは薬協支部と言える。
「お座りくださいっ!」
 5つほどの席があって今はルートセラーは他に誰もいない。これくらいの都市の薬協支部としては規模が小さいと言えるだろうが…一都市に5つの支部がある、という特殊な場でもある。大体こんなもんなのだろう。
「い、一応タブレットを確認させていただきますっ!」
 ドリスとクモキリヤはもちろん持っているので革のケースごと見せる。別に中身まで確認するつもりはないようで「ありがとうございますっ!」と頭を下げていたりする。…薬協支部によってはかなりきっちり確認するところがあったり、逆に何にも確認しない支部もあったりする。その辺は特に規定などはないようである。
「私は別にルートセラーじゃないんですが…」
 当たり前だがルチアはタブレットを持っていない。持っている学者は結構いるかも知れないが。
「はいっ! 知ってますっ! お姉さまっ!」

 …やっぱりあんたじゃない。
 …だから知りませんって、こんなちっこいの。
 …聞いてみればよいのではないか?
 …なんで私が…。
 …あんたが当事者だからじゃない。
 …いや、まあ、そうなんですけど…多分アレ関係だろうなあ…。

「お姉さま? どうか…しましたか?」
 今度は心配そうな顔である。
「えっと、その…私のこと知ってる、とか…そういうことで…?」
「はいっ! もちろんですっ! ルシアナお姉さまっ! 初めましてっ!」

「あーーーーーーーー…」

「ルシアナ? 人違いじゃないの?」
「いいえっ! ルシアナ・エステヴェスお姉さまですっ!」
「…ルチアーノ・エンコなんじゃ…」
「いいえっ! ルシアナお姉さまですっ!」
「ふむ。何か事情があるのだろうな。…そっとしておくか」
 …当のルチアだかルシアナだかは床に突っ伏したまま頭を抱え込んで固まってしまっている。

「よろしくお願いしますっ! ルシアナお姉さまっ!」


[1-83]へ[2-1]へ


©2017-2021 江ノ口信天 AllRightsReserved.
Materials: 信天庵

「TheRootSeller」外伝6Topへ TOP ページへ