2: ニンダスの考古学者

「と言うことはルチ…ルシアナ殿の本当の妹なのか」
「はいっ!」
「少し複雑な家庭の事情、というやつだな」
「いえっ! そうでもありませんっ! 母が違うだけで父は同じなんですっ!」
 …そういうのをフクザツ、と言うんではないか、とか思ったのだがそこまであっけらかん、と言われてしまうと。
「…じゃあ、やっぱり…」
「はい?」
「いえ、何でも」
 …あんたも別の名前とかあるの?
 アサマだけ、というのが妙だな、と思ったので聞いてみようかな、と思ったのだが、なんとなく聞かないことにしたドリスだった。そこまで踏み込んでいいものかどうか、迷ったのである。

「お姉さまのことはセドナお姉さまに聞きました。お目にかかれて光栄ですっ!」
「セドナめ…!」
 ようやくダメージから回復したのか起き上がって…握りこぶしなんぞ固めていたりする。
「どうせロクなこと聞いてないんでしょう? あの子のことだから」
「いえっ! そんなことないですっ! 長い黒髪に大きめの眼鏡、そしていつもどこか気だるそうな白衣の学者、といつも聞いてましたっ!」
 …そんなんあちこちに結構いそうな気がするのだけれど、この町だったら。
「それだけ?」
「いいえっ! 研究業績はいまいちで部屋も汚くて整理整頓もできないくせに食や酒へのこだわりだけは尋常じゃない、っとも聞いてますっ!」

 再び床に突っ伏す考古学者殿。
「あんのやろお…」
「ちなみに、なのだが」
「はいっ!」
「その…なんだ、他にもおるのだろうか、その、家族と言うか兄弟姉妹と言うか…」
 それを聞くと、少し首を傾げるような仕草で考え込んでしまう。
「いえ…セドナお姉さまからは…ルシアナお姉さまのことしか…聞いてません…」

「そ、それならいいじゃない。うん。ふう…」
「…なんかまだまだウラ、ありそうじゃない」
「そ、そ、そんなことー…ないですよー…」
 言いながら視線が明後日の方へと泳ぎまくっているのだから多分何か他にもあるのだろう。

「そうですっ! わたし、仕事しないといけませんっ!」
 そう言うとカウンターの一部、端の方を跳ね上げるように持ち上げ…でも結局はカウンターの下をくぐるような格好で…中へと入って、今度はカウンターの中でごそごそしていたりする。
「はいっ! ここはニンダス中央学区薬協支部ですっ! 何かご用でしょうかっ!」

 …ご用も何も、ねえ…。
 なんかあったっけか、とか思ったのだが。考えてみればニンダスの薬協支部に用があるか、と言えば…何だろう?
「そうだな…ンン。我々はヴェーラ村のアン・ドルシニアという仁の依頼を受けておってだな」
「はいっ!」
「トゥペの木の皮が束で欲しい、というものなのだが何か情報はないだろうか?」
「はいっ! 少々お待ちくださいっ!」
 ひょい、とその姿が消え…やはり中で何かごそごそして…何やら本?らしき物を抱えて取り出してくる。
「?」
「お待たせしましたっ! えっと、ですね…ヴェーラ村、ヴェーラ村、ヴェーラ村…何も載ってないですねっ!」
 …ネタ本か何かかい。
「あ、でもスイーツの美味しい店があるそうですっ! そこがお勧めですねっ!」
 …観光案内かい…。

 そっと本?の表紙を下から覗いてみると。よくは見えないが、なんかの案内書みたいな、なんかそんな風な題名?が書いてある…。


[1-84]へ[2-2]へ


「TheRootSeller」外伝6Topへ TOP ページへ